知る人ぞ知る山スキーのロングダウンヒルコース

野反湖うらやまガイドIMG_3014_r

数日前の天気予報で縦じま模様の天気図から入山ルートの変更などいろいろと心配がありましたが、幸い弱い冬型の天気だったようで吹雪の中のスキーツアーをゲストの皆さんと楽しんできました。ホワイトアウト気味だったので視界が利かず、いつもと違う西寄りの風での雪庇やウインドスラブのでき方が心配でした。

野反湖うらやまガイドIMG_3017_r

今日のバックカントリーガイドは、西丸震哉さんの著作に親しんでいた昭和のベテラン山スキーの方ならきっとどこかで目に留まってご存じかもな、ロングルートのダウンヒルコースをご案内することです。標高差1000mで距離約7㎞(実際はルート修正しながらなので、もっと長距離のはずです。)の長大で緩やかな尾根です。そのために約3時間のハイクアップを頑張りました。

野反湖うらやまガイドIMG_3024_r

日本国道最高地点2172mの石碑の前でシーハイルです。もちろん芳ヶ平湿地群の展望は視界ゼロです。

野反湖うらやまガイドIMG_3025_r

正午近くの気温はマイナス13度。体感的にはマイナス11度くらいかなと予想していましたが、意外と冷え込んでいました。

野反湖うらやまガイドIMG_3026_r

暖かい渋峠ホテルの暖炉でゆっくりランチ休憩をして、いよいよ長い緩やかなダウンヒルコースへ出発です。

野反湖うらやまガイドIMG_3029_r

幻想的なオオシラビソの森のなかをルートミスしないように慎重に進みます。総勢8人なので、各々が勝手に滑れば行方不明者続出になるような深い森が続きます。

野反湖うらやまガイドIMG_3038_r

ここにも昨秋の台風19号の被害の爪跡がいくつも残っていました。

野反湖うらやまガイドIMG_3041_r

上の写真でシラビソの木の根元の小さなくぼみがなんだかわかるでしょうか。ウサギ君が吹雪の中でじっとしていた場所のようです。ふだん雪穴の中に潜んでいるのかなと想像したりしていましたが、オコジョとか天敵がいることを考えるとこうゆう場所が一番逃げやすくて安全なのかもです。

野反湖うらやまガイドIMG_3043_r

一瞬の出来事でした。僕がここを通り過ぎようとしたら、突然純白のウサギ君が飛び出して去っていきました。雪兎の野生の美しい光景でした。

野反湖うらやまガイドIMG_3048_r

黒木の深い森をようやく抜け出てノリウツギの大雪原まで滑り降りてきました。今までどこをどう下っているのかわからないルートだったので、なんだか迷路から抜け出たようです。

野反湖うらやまガイドIMG_3054_r

どこまで滑り降りても雪質はパウダーで最高です。ここぞという斜面では歓声を上げて楽しんでいらっしゃいました。

野反湖うらやまガイドIMG_3066_r

スノーボーダーのゲストさんも、今日はストック持ってのダウンヒルです。

野反湖うらやまガイドIMG_3056_r

カラマツリーラン!

野反湖うらやまガイドIMG_3070_r

地形図を眺めて想像して、初めて足を踏み入れるバックカントリーがどんなところかというワクワク感はいかがだったでしょう。これもバックカントリーツアーの醍醐味です。

野反湖うらやまガイドIMG_3088_r

まもなくゴール。一日中冬型の天気が続いたのでボトムまで雪が腐ることなくパウダースノーを存分に楽しめた一日でした。

カテゴリー: エコツアー的, バックカントリースキー, 野反湖うらやまガイド | コメントする

水池溶岩台地の森で見つけた古い炭焼窯跡

野反湖うらやまガイドIMG_3002_r

真冬に戻ったり春に戻ったりと毎日コロコロ目まぐるしく季節が変わる2020シーズン2月後半のスノーシューハイキングです。昨日からまた一転、暖かい春の空気と雲一つない青空に包まれた穏やかな1日でした。

野反湖うらやまガイドIMG_3004_r

ホオノキの白い枝が青空に映えます。

野反湖うらやまガイドIMG_3005_r

穴地獄の主であるミズナラの巨木です。おそらく1万数千年前のものと思われる草津白根山から噴火した時の溶岩の塊を大きな根に抱えて立っています。近くには女王と呼ばれているミズナラの巨木も立っていますが、周りはカラマツの植林や岳樺の自然林が広がっています。この辺りはミズナラやブナなどの自然の森だったに違いないのですが、炭焼きなどで何度か伐られた歴史があるのでしょう。最近、こんなところにという場所で、古い炭焼窯の石積を笹薮の中に発見しました。

野反湖うらやまガイドIMG_2925_r

ちょっとわかりにくいかもですが、これが炭焼窯の跡です。

野反湖うらやまガイドIMG_1656_r

この辺りのこれくらいの標高ではブナもたくさん残っていたと推察されます。太平洋側と日本海側の植生が入り混じって見られるのが特徴かもです。ですが昔のままで自然の森の姿が残されている場所は芳ヶ平湿地群周辺ではとても少なくなっています。

野反湖うらやまガイドIMG_3003_r

今シーズンは1月2月で合計20回のチャツボミゴケ公園スノーシューハイキングを開催することが出来ました。まだ3月31日まで募集中です。お問い合わせご予約はこちらからです。

野反湖うらやまガイドIMG_3010_r

ところで先日取材していただいたテレビ取材ですが、明日2月27日木曜日テレビ朝日夕方5時からのスーパーJチャンネルの中で放映予定だそうです。(予定変更有です。)

カテゴリー: エコツアー的, スノーシュー, 野反湖うらやまガイド | コメントする

特別天然記念物カモシカ君に出逢える確率は?

野反湖うらやまガイドIMG_2935_r

昨日は関東で春一番も吹いたらしいぽかぽか陽気の春雪スノーシューハイキングでしたが、今日は一転真冬です。一日違いでこうも季節が逆戻りするとは。毎回ドラマチックな展開のスノーシューハイキング旅でどんな新しい発見や出逢いが待っているか、ますます楽しみになってきますね。さらに今日は女子アナさんを伴っての取材クルーもご一緒です。

野反湖うらやまガイドIMG_2953_r

温泉大滝では雪が舞う中で湯気がモクモクと立ち上がって幽玄な雰囲気を醸し出していて、ゲストの皆さんチャツボミゴケの美しさに大感動の図。

野反湖うらやまガイドIMG_2957_r

ソレノストーマ・ブルカニコーラとかバイオミネラリゼーションとか群馬鉄山の歴史とか、ここになぜ膨大な鉄鉱床が形成されたのかとか、ガイドのチャツボミゴケにまつわる蘊蓄話に興味をもって聴いてくださっているゲストの皆さんの図。

野反湖うらやまガイドIMG_2960_r

やっとたどり着いた先の穴地獄の雪の中のチャツボミゴケの美しさに見とれているゲストの皆さんの図。今日はほんとうに2~3センチのサラサラなプチパウダーの恵みがあってラッキーでした。きっとチャツボミゴケ君たちのテレビ映りもいいことでしょう。

野反湖うらやまガイドIMG_2971_r

ゲストの皆さんが取材クルーからインタビューを受けているの図。どんなことをお話していたのか楽しみです。

野反湖うらやまガイドIMG_2981_r

さてお腹ペコペコなので、温かいぐんまちゃんうどんのカップ麺でランチタイムです。そして神秘の池・水池へプチアドベンチャーなスノーシューハイキング後半の旅に出かけました。

野反湖うらやまガイドIMG_2982_r

水池は、赤シボが見られた昨日までと違って、今日は純白の雪原にリセットでした。皆さん恐る恐る結氷した湖面の上を歩くの図です。

野反湖うらやまガイドIMG_2993_r

尻滑りも楽しいです。今日は昨日のズブズブだった柔らかい雪がカチカチに凍っていたので、スピードが出過ぎてちょっと怖かったかもですが。

野反湖うらやまガイドIMG_2996_r

そして最後にサプライズがありました。なんと2頭のカモシカ君と出逢っちゃいました。ここまで積もったばかりの新雪に隠されてまったく動物の足跡が見当たらなくて、ゲストさんも残念がっていたのでラッキーです。

野反湖うらやまガイドIMG_2997_r

しばらくの間カモシカ君たちの様子を観察することが出来ました。この辺りではいつも新しい足跡があったのですが、出逢えたのは今シーズン初めて。ゲストさんからどれくらいの確率で出逢えますか?と聞かれたので、5%くらいですねと答えました。今シーズン20回くらい開催してこの1回だけですから。チャツボミゴケ公園スノーシューハイキング2020は、今のところまだまだ雪のコンディションは大丈夫なので楽しめます。

カテゴリー: エコツアー的, スノーシュー, 野反湖うらやまガイド | コメントする

ウロコテレマークスキーでプチ山旅気分なBC偵察

野反湖うらやまガイドIMG_2855_r

キツネ君の足跡です。今日の雪の結晶は小さなガラスの破片のようで、肉球の痕も残らないようサラサラな雪質でした。そして厳冬期とは思えない燦燦と輝く春のような日射を浴びて、キラキラと輝いていました。うーん、季節が一か月早いような錯覚を覚えます。

野反湖うらやまガイドIMG_2871_r

シークレットkuniうらやまから北アルプスが一望です。今日はシールを極力張らずに何本かはウロコでヒルクライムして滑りを楽しみました。シールを張ってしまえば目指す斜面が絞られますが、ウロコは日和見主義です。ウロコで登れる先に心躍るような斜面があればそのままダウンヒルです。

野反湖うらやまガイドIMG_2896_r

ということで今日は、行き当たりばっ旅なスキーの山旅気分で、今週のバックカントリーガイドの偵察を一人楽しんできました。各地でバックカントリーが楽しめるようになったからでしょうか、ここ数日BC日和だったのにほとんど荒らされていなくて、何本かは純白の真っ新なキャンバスにシュプールを自由に描くことが出来ました。

野反湖うらやまガイドIMG_2900_r

例年ならバックカントリーシーズンはいよいよ後半戦突入といった頃です。テンションが下がり気味になりそうですが、いよいよまだまだこれからです・・・

カテゴリー: エコツアー的, テレマークスキー, バックカントリースキー, 野反湖うらやまガイド | コメントする

銀座サロンドGと神保町&シークレットkuniうらやま偵察

野反湖うらやまガイドIMG_2780_r

山から下りてきたキツネ君の足跡を横目に、久しぶりにスキーでシール登行。久しぶりといっても2月14日の野反湖バックカントリーガイド以来なので五日ぶりですが、この時期五日ぶりは有り得ないから久しぶりな感覚です。バックカントリーがとても新鮮に感じられます。

野反湖うらやまガイドIMG_2786_r

一昨日は東京出張でした。様々な分野のメディアのゲストの方々の前で、中之条町六合エリアのアクティビティを紹介するプレゼンテーションをさせていただきました。こちら、群馬観光大使の写真家さんから送っていただいた写真です。

野反湖うらやまガイドIMG_8608_r

中之条町には四万温泉や沢渡温泉、六合の里温泉郷などそれぞれ個性あふれる温泉はもちろん、上信越高原国立公園の野反湖やラムサール条約芳ヶ平湿地群、そして国天然記念物のチャツボミゴケ公園など素晴らしい観光資源に恵まれています。いよいよ4月から6月まで、群馬ディスティネーションキャンペーンが始まりますが、それに合わせてたくさんの観光客に訪れていただきたいということで、さまざまな分野のメディアの方々に中之条町の観光の魅力を情報発信していただくためサロンドGというイベントを町が催しました。今回僕も六合の里温泉郷組合を代表して六合エリアの魅力をプレゼンさせていただきました。8分という短い時間で25秒ほどオーバーしてどれだけ伝えられたかちょっと心もとないですが。

野反湖うらやまガイドIMG_2788_r

10センチほどのパウダースノーが積もっていて、帰りの滑りが楽しみです。例年の半分か半分以下の積雪ですが、バックカントリーガイドにとってまだまだ必要十分といえるコンディションです。

野反湖うらやまガイドIMG_2795_r

カラマツの森からミズナラの森、コメツガの森と進んでいくと、トウヒやシラビソが目立ち始め、やがてオオシラビソの森です。木漏れ日がとても清々しく感じられます。

野反湖うらやまガイドIMG_2798_r

標高差1000mをハイクアップした頃、ちょうど正午。標高2172mの日本国道最高地点がすぐ近くにある冬季閉鎖中の志賀草津道路に出たところでカップラーメンのお昼にしました。

野反湖うらやまガイドIMG_2813_r

上信越高原国立公園の群馬の中之条町六合エリアの素晴らしい眺めです。

野反湖うらやまガイドIMG_2819_r

帰りの滑りも久しぶりのテレマークターンを楽しみました。

野反湖うらやまガイドIMG_2779_r

ところでこちら東京出張の折にちょこっと寄った神保町悠久堂書店での収穫です。全部で3100円。上段左から三浦雄一郎著スキー武者修行昭和38年12月25日発刊。雪艇彌榮(シーハイル)立上秀二著昭和11月20日発刊。猪谷六合雄著雪に生きる昭和19年4月25日発刊。インスピレーションは波間から(自然を知る、シーカヤック地球紀行)平田毅著2019年11月5日発刊。全部で4冊。

カテゴリー: エコツアー的, テレマークスキー, バックカントリースキー, 野反湖うらやまガイド | コメントする

山ガール5人グループの賑やかスノーシューハイキング

野反湖うらやまガイドIMG_2721_r

暖かい日が3日間続いて、雪解けがどんどん進むチャツボミゴケ公園です。でもたっぷりと雪が残っているので、スノーシューを履いて歩かないとズボズボ潜ります。北斜面の急な下りではスノーシューを履いていても太ももまで潜ることがありました。ふかふかパウダーじゃなく春の雪でもスノーシューの有難味がわかるというものです。

野反湖うらやまガイドIMG_2740_r

午前の部、今日のゲストである山ガールグループさんたちは、穏やかなスノーシューハイキング日和に恵まれて、チャツボミゴケ公園の自然や歴史にとても興味を持って楽しんでくださいました。

野反湖うらやまガイドIMG_2743_r

ガイド一押しの絶景スポットでもある東屋でランチタイム。午後の部、ここからはプチアドベンチャーな水池コースです。急斜面の登りと下りがあるので、チャレンジするかどうか皆さん迷います。今日のグループはもちろんチャレンジです。

野反湖うらやまガイドIMG_2746_r

なかなかの急坂ですが、皆さん途中立ち止まることなく頑張りました。ここを過ぎれば、このあともう急な登りはないです。ゲストの皆さんにちょっと自信と余裕が出てきます。

野反湖うらやまガイドIMG_2752_r

平坦な歩きになると、皆さんまた、森の木々の様子に興味をもって、台風19号の強風で倒れたウリハダカエデの冬芽が膨らんでいることにも気付かれたり、ハリギリの幹のトゲトゲの成長の変化の様子に驚いたり、穴地獄の主である巨樹の迫力に圧倒されたりと、いろいろなことを観察しながら歩いていらっしゃいました。

野反湖うらやまガイドIMG_2754_r

そして辿り着いた水池です。やはり湖面に張った氷が大丈夫か心配になるような雪の少なさです。間隔を広く開けて一人ずつ渡りました。先日のスノーシューハイキングの時のトレースが赤く染まっています。

野反湖うらやまガイドIMG_2757_r

雪解けの尾瀬で有名な赤シボがここでも見られるようです。このところの暖かさでいったん雪の上に水溜りが出来たためにこのような現象が起こるのでしょうね。今回僕も初めて気付きました。

野反湖うらやまガイドIMG_2762_r

そしていよいよお待ちかね、尻滑りができる急斜面の下り坂です。

野反湖うらやまガイドIMG_2769_r

ちょっぴり恐怖心を感じる高度感が、童心の頃の冒険心を呼び覚ましてくれるのでしょう。老若男女、誰もが子供になって夢中になれます。

野反湖うらやまガイドIMG_2775_r

今回のツアーで今年はすでに15回開催できました。この先のスノーシューハイキングですが、来週またこの冬一番の寒気がやってくるという天気予報なので、今のところ大丈夫そうです。チャツボミゴケ公園スノーシューハイキングのお問い合わせはこちらからどうぞです。

カテゴリー: エコツアー的, スノーシュー, 野反湖うらやまガイド | コメントする

2月半ばというのに春の気配プンプンな野反湖バックカントリーガイド

野反湖うらやまガイドIMG_2625_r

八間山山頂午前11時06分とうちゃこ。2月半ばだというのに春山気分なバックカントリー日和でした。陽射しはほとんどなかったのですが、風も弱くて温かかったので、登りではキャプリーンシャツ一枚でした。

野反湖うらやまガイドIMG_2638_r

山頂は、前回偵察で登った時よりも積雪が増えていましたが、それでも例年の半分かそれ以下でしょう。標柱はもちろん完全に埋没しているはずですが、今年は埋まっていませんでした。

野反湖うらやまガイドIMG_2641_r

山頂からは、薄曇りな天気ですがけっこう遠くの山が見渡せました。白砂山稜線の雪庇は相変わらず発達していない感じです。

野反湖うらやまガイドIMG_2640_r

谷川岳方面。

野反湖うらやまガイドIMG_2629_r

鳥甲山。豪雪で知られている秋山郷の山ですが、今年はどうなんでしょう?

野反湖うらやまガイドIMG_2652_r

ゆっくり昼食休憩して下山しました。

野反湖うらやまガイドIMG_2654_r

例年なら八間山稜線にも巨大雪庇が出来て、こんな風にとてものぞき込んだりできないのですが、今年はスッキリです。

野反湖うらやまガイドIMG_2655_r

八間山稜線から野反湖面へダウンヒルしているときに、ちょうど草津温泉のお昼の合図の放送が聞こえてきました。

野反湖うらやまガイドIMG_2667_r

湿気たモナカアイス気味なコンディションでしたが、この斜面が今日一番楽しめました。

野反湖うらやまガイドIMG_2663_r

今日のゲストさんはATスキーヤーとBCクロカンスキーヤーとうろこテレマーカーでした。

野反湖うらやまガイドIMG_2670_r

完全結氷した湖面ですが、昨日の暖かさで表面が融けたところは少し色が変わっているのがちょっと気味悪いです。でも恐る恐る湖面へ滑り込みました。

野反湖うらやまガイドIMG_2684_r

野反湖は標高約1500mのまさに天空の湖です。雪不足で暖冬な2020シーズンは、これからいつまでバックカントリーガイドができるかわかりませんが、今のところ当分大丈夫そうです。

野反湖うらやまガイドIMG_2687_r

下山は湖面を横断して十二山経由で弁天山下から滑り出しました。朝のクラスト気味な雪が融けてくれて今回はそれほどの悪雪ではなかったので、それなりに滑りも楽しめました。これからしっかりとザラメ雪なコンディションになるまで、いよいよ悩ましい季節かもです・・・

カテゴリー: エコツアー的, テレマークスキー, バックカントリースキー, 野反湖うらやまガイド | コメントする