tua tele sauvage 200

センター110㎜のボレーチャージャーでうらやまパウダーを滑り倒して、

いよいよ3シーズン目突入ですが、

たまにはあの頃のテレマークスキーが無性に懐かしくなります。

こんな感じです・・・ ↓

130124kagura01

神楽峰から鳥甲山と北アルプスの稜線

2013年1月24日

このところの陽気で雪も締まってきたようで、

これはぜったい細板革靴の出番かなと。

そして神楽峰へスキーツアーにも出かけてみました。

テレマークのプラスチックブーツが開発される前までは、

こんな道具でどこへでも出かけてたのが今となっては考えられませんね。

130124kagura02

神楽峰から苗場山と僕の宝物

果たして優雅に滑っているように見てもらえたのでしょうか。

僕の内面としては、

なんて言ったらいいんだろう、

まったく頼りない細革で山を滑るというのは、

山を滑らせて頂いてます、ご免なさいみたいな、

進化してサイボーグみたいに頑丈な道具で滑っている時の、

深雪も悪雪も蹴散らして、

どや顔でないことだけは確かです・・・

130124kagura03

今日は春山かと錯覚する陽気でした・・・

アルペンスキーヤーにも、

たまにはカンダハーに革登山靴とかいるんじゃないかなって思うけど、

最近見たことないですね・・・

 

カテゴリー: バックカントリースキー, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す