2007野反湖バックカントリー・三壁山~白砂山

2007年2月24日~25日

60225sirasuna15

ガスがみるみる晴れていく

秘密のベールを剥がされるかのように、

湖面を取り囲む山々が、

白一色の世界から浮き出る。

コンサート会場の幕が上がり、

ピアノのイントロがいよいよ、

これから始まる曲目を予感させてくれる時のような軽い興奮。

70225sirasuna03

午後遅く、三壁山頂から滑降

ほんのいっとき前まで、

ホワイトアウトの湖面をGPSをお守りのように信じて歩いていたことが、

なんて馬鹿馬鹿しいことやってたの?とさえ思えてしまうくらい。

湖面の真ん中にポツンと立っている自分なんて、

とても想像できなかったので、

ホッとするというより、なぜだか可笑しさがこみ上げてくる。

自然の偉大な気まぐれに翻弄されながらも、

これだから多少天気が悪くったって、

山スキーツアーは楽しい。

湖面から三壁山を振り返る

湖面から三壁山を振り返る

翌日は大快晴。

やっぱり山スキーツアーはやめられない。

昨日の三壁山の滑降は、

例年になくブッシュが煩わしいものの、

パウダーの浮遊感を楽んだ。

今日は、白砂山を目指す。

ウロコテレマークは、

上り下りのある長丁場の今日のようなルートでは、

性能を最大限発揮する。

完全結氷した湖面

完全結氷した湖面

茅の尾根からハンノ木沢に滑り降り、

タカンボウ尾根をシール登行。

高度を上げると背後に野反湖とエビ山が見え始め、

エビ山へ向かった仲間と無線交信。

彼らのトレースがはっきり見え、

ひとかたまりになって休んでいる人影もかすかにわかる。

白砂山へはさて、どんなルートをとろうか・・

白砂山へはさて、どんなルートをとろうか・・・

予定時刻の10時半、

約2時間で白砂山が目前に眺められる稜線に出た。

昨年の3月よりもずっと積雪が少ない。

新雪の下にはクラスト面があり、

どうも雪崩れやすい条件。

ソロリソロリと確かめながらルートを決める。

結局最後の詰めは尾根ルート

結局最後の詰めは尾根ルート

昨年のように白砂直下の雪壁を直登した方が効率的だったが、

ルンゼをトラバースするところが雪崩れそうで、

途中から尾根ルートに切り替えた。

アイゼンに履き替え、

午後12時49分山頂に立つ。

山頂から苗場~神楽方面を眺める

山頂から苗場~神楽方面を眺める

無風快晴。

360度の大パノラマ。

北アルプスまでが綺麗に眺められ、

横手山の右ギリギリに槍ヶ岳がはっきり見えたのは、

新しい発見だった。

山頂直下を滑る

山頂直下を滑る

たぶんこれ以上はないこの山頂からのパノラマは、

厳冬期2月の最後の好天だからこそだろう。

たくさんの山々の眺めを楽しませてくれた。

しかし、いよいよ滑降となると、

緊張してくるものだ。

気を引き締める。

猟師ノ沢源頭斜面は、

すでにもう雪が腐っていて、

デブリのない綺麗な外見とはほど遠い。

それでもジャンプ気味に豪快なターンで高度を下げた。

途中で滑降を切り上げ、早々にトラバースする。

尾根に這い上がった往路と、山腹をトラバースした復路

尾根に這い上がった往路と、山腹をトラバースした復路

ウロコテレマークで、 効率的なルートを進み、

午後3時半、

タカンボウ尾根へと下る稜線に戻る。

ハンノ木沢を滑降し、

シール登行で茅の尾根に這い上がる。

一度緩んだ雪面が、日が陰り急激に氷化する。

スキーが予想以上に滑り、午後6時下山。

黄昏の野反湖

黄昏の野反湖

野反峠に立って、夕暮れの野反湖を振り返る。

興奮したコンサートを聴き終え、

その余韻に浸っている時のような幸せが湧き上がってくる・・・

カテゴリー: エコツアー的, バックカントリースキー, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す