2016野反湖八間山のシラネアオイ開花情報(八間山縦走トレッキングガイド)

今日は朝からどんよりした曇り空で、天気が心配になりましたが、

渋峠に携帯で聞いてみたら良い天気とのこと。

こんな日は渋峠から六合の谷間には雲海が広がっているに違いないんです。

案の定、野反湖まで来たらガスが一気に晴れて青空と太陽で眩しいくらいでした。

野反湖うらやまガイドIMG_5711

池の峠駐車場から八間山登山口からのんびり歩き始めました。

いつもなら1時間前後で八間山頂までですが、

今日はたっぷり2時間以上かけてです。

いつもより半分以下のゆっくりスピードで歩くと、

やっぱり見えてくるもの聴こえてくるものすべての景色が違ってきます。

野反湖うらやまガイドIMG_5712

茅ノ尾根のコースの途中の小さな池には、芳ヶ平湿原でも見られた白い卵や、

モリアオガエルの鳴き声を聴くことができましたし、

コメツガの林では人の近くまで寄ってくるメボソムシクイたちの囀りを楽しんだり、

まだ花は早いかなと思いながらも、

イワナシ、ヒメイチゲ、キジムシロ、タケシマラン、エンレイソウ、オオカメノキ、

コヨウラクツツジ、タカネザクラ、コミヤマカタバミ、ショウジョバカマ

などが見られました。

野反湖うらやまガイドIMG_5715

ちょうどお昼時の八間山頂はたくさんの登山者でにぎわっていて、

そんな山頂の日当たりの良い芝の上にも、

よく見るとミツバオウレンがたくさん花開いてました。

野反湖うらやまガイドIMG_5718

日向は結構陽射しがきつくて暑いくらいだったので、

僕たちは少し登山道を降りてコメツガの木陰の下で昼食にしました。

昼食後、イカ岩ノ頭コースで下山です。

こちら側から登ってくる人たちはみなさん汗びっしょりだったのですが、

(それも登山の醍醐味だし、開けているので展望は良いです!)

南側で急坂が多くさらに日陰がないから、

実は茅ノ尾根コースを登るより大変かも・・・

野反湖うらやまガイドIMG_5728

僕たちは野反湖から吹きあがってくる風に涼しさを感じながら、

またまたゆっくり下山です。

大きな雪庇ができるような場所にはナエバキスミレが見られるはずです。

(キジムシロと見間違わないように・・・)

雪も少なく雪解けも一か月も前にとっくに終わっているけれど、

ちゃんとだいたい例年並みにたくさん咲いていたので安心しました。

野反湖うらやまガイドIMG_5735

途中、シラネアオイを見て、

さらに野反湖の東側湖畔道を大空堀駐車場までトレッキングを楽しみました。

途中の笹原では、今度はたくさんのウグイスたちの囀りの歓迎を受けました。

こんなに近くでウグイスを見ることができるなんてと、

ゲストのお二人も思わず立ち止まってしばらく見惚れていらっしゃいました。

野反湖うらやまガイドIMG_5763

さて、2016シーズンの野反湖八間山のシラネアオイ開花情報です!

5月15日現在、今年は早くも見頃です。

1週間ほど前から一気に咲き始めているそうで、

今週末21~22日にかけて見頃は続きそうです。

野反湖うらやまガイドIMG_5769

6月1日の山開きの頃は、どうでしょう・・・

まだ頑張って咲き続けていてくれたらと思います。

8万株以上のシラネアオイの大群落、見事です。

百聞は一見に如かず、

野反湖八間山縦走トレッキングと併せてのシラネアオイ鑑賞、

ぜひお薦めです。

野反湖うらやまガイドIMG_5773

昨日はシャクナゲの花のジャングルトレッキングでしたが、

今日は新緑のジャングルトレッキングでした。

ゲストのお二人、二日間お疲れさま&ありがとうございました。

irasuto2

シラネアオイと野反湖八間山トレッキングガイドは、こちらから

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す