幻想的な霧の芳ヶ平湿地群トレッキングガイド(2016年6月29日)

野反湖うらやまガイドIMG_8242

ツルコケモモの花が咲き始めていました。

そして、ハクサンシャクナゲやヒオウギアヤメが見頃です。

野反湖うらやまガイドIMG_8238

深い霧に包まれた芳ヶ平湿原の雰囲気も良いものです。

こんな日は日本国道最高地点の展望台からは何にも見えません。

ということは自分の足で頑張って歩いてこなければ、

芳ヶ平湿原の大自然を見たり感じたりすることはできません。

野反湖うらやまガイドIMG_8240

今回もゲストの方で、

トレッキングシューズの靴底がはがれてしまうアクシデントがありました。

10年間履いていた愛用のシューズだったそうですが、

スタートしてすぐの、しかも両方の靴底がはがれたということで、

歩きだす前のトレッキング装備の点検は必要だと実感です。

事前に防げるトラブルは極力ゼロにしたいですね。

野反湖うらやまガイドIMG_8237

ナナカマドの花も見頃です。

でもナナカマドは標高の高いところはまだまだこれからなので、

これからのツアー参加のゲストの皆さん、ご安心を。

野反湖うらやまガイドIMG_8245

大池台地のミズナラの森を歩くツアーのゲストさんたち。

上から下までガスが晴れることはなかったですが、

ラムサール条約登録芳ヶ平湿地群の大自然の素晴らしさを、

存分に感動していただきました。

野反湖うらやまガイドIMG_8243

ぜひぜひ今度は紅葉の素晴らしい時期にまた遊びに来てください。

次回またお会いできる日を楽しみにしています。

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す