芳ヶ平湿地群トレッキングガイドCコース(2016年8月11日)

野反湖うらやまガイドIMG_9746

山の日の今日、素晴らしい山日和に恵まれたラムサール条約登録芳ヶ平湿地群です。

雲海に浮かぶ芳ヶ平湿原です。

渋峠ホテルご宿泊のゲストを渋峠からチヤツボミゴケ公園穴地獄まで、

標高差1000m弱距離約10㎞強の芳ヶ平湿地群トレッキングガイドCコースでご案内です。

野反湖うらやまガイドIMG_9754

8月11日ともなると、そろそろ秋の気配を感じます。

そんな高山植物の樹々や花々を愛でながらのんびり下ります。

芳ヶ平湿原ではワタスゲに代わってイワショウブが見頃です。

野反湖うらやまガイドIMG_9765

カルガモ君たちもお出迎え、そして伴泳までしてくれます。

名古屋方面からお越しのゲストにも楽しんでいただきました。

カルガモ君、いつもかたじけない、サンキュウです。

野反湖うらやまガイドIMG_9770

ヒオウギアヤメやコバギボウシの紫に代わってリンドウが咲き始めました。

野反湖うらやまガイドIMG_9774

芳ヶ平ヒュッテでトイレ休憩。

今回はお洒落なインテリアのヒュッテも見学させていただきました。

次回はぜひヒュッテに宿泊して、芳ヶ平湿原からの朝日を拝んでみるのもお勧めです。

野反湖うらやまガイドIMG_9775

また、パスタランチやケーキセットでお茶するのもいいですよ!

野反湖うらやまガイドIMG_9776

ヒュッテを11時頃出発。

途中すでに紅葉のナナカマド発見。

どうです、秋の気配感じますね。

下界の気温、何度でした?

野反湖うらやまガイドIMG_9780

大沢川の渡渉は今回難なく通過。

野反湖うらやまガイドIMG_9784

そして、標高1600mの大平湿原からの、

日本国道最高地点芳ヶ平湿地群ビューポイントがある稜線が眺められました。

わかりますか?

この天空の稜線、国道292号線が開通する前は、

スカイラインコースと呼ばれたクラシックなツアースキーコースなんです。

そして芳ヶ平は、日産スカイライン命名の地なんですヨ!

野反湖うらやまガイドIMG_9792

標高1550mの平兵衛池です。

誰にも会わない静かなトレッキングが楽しめました。

いやいや山の日でも超穴場なコースなんです。

大自然の息吹を僕たちだけで一人占めです。

野反湖うらやまガイドIMG_9793

標高1450mの大池です。

ここも静かでひっそりとしていました。

贅沢な山旅です。

野反湖うらやまガイドIMG_9799

標高1350mの水池です。

野反湖うらやまガイドIMG_9805

午後2時過ぎ、チヤツボミゴケ公園穴地獄ゴールです。

ゲストのファミリー、お疲れさまでした&大変ありがとうございました。

たくさんの高山植物の花の名前はきっと覚えきれなくて大変だったでしょうが、

落ち着いてから記録した写真をゆっくりと図鑑などで確認して、

トレッキングの余韻を楽しんでくださいネ。

irasuto2

 

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す