シークレットkuni(六合)パウダーガイド2017

野反湖うらやまガイドIMG_0843

野反湖うらやまガイドいち押しの、

草津白根山をほぼぐるりと時計回りに一周するバックカントリーコースを簡単にご紹介。

野反湖うらやまガイドIMG_8523

晴れていれば北アルプスが絶景です。

風の名所なのでシュカブラ模様が北アルプスの峰々の前景で映えます。

中之条町のチベットの(僕が勝手に呼んでいる)峠は、

雪崩の起きやすい条件の場所でもあります。

吹雪で視界が利かないときは注意が必要です。

野反湖うらやまガイドIMG_8540

芳ケ平湿原は大雪原です。

この場所も野反湖と同じように、

来るたびに違った表情を見せてくれるはずです。

野反湖うらやまガイドIMG_7638

草津白根山周辺の上信国境の山々には、

森林限界を超えたダイナミックな山岳的景観はほとんどないですが、

日本的な心癒される森や清らかな水の流れる渓があります。

そんなシークレットパウダーコースを縦横無尽にご案内します。

野反湖うらやまガイドIMG_7694

シークレットならではのコースとしてJHがあります。

JHは、ジャクソンホールでなくて、ジムホールと勝手に名づけた斜面。

ジムホールのジャズギターのように、

軽々とスイングして木々を縫うように滑ります。

野反湖うらやまガイドIMG_7671

ほかにもヘリシュート、プレハブ尾根、

暴れん坊平からのABC3コース等々シークレットだらけです。

野反湖うらやまガイドIMG_7722

斜面の向きによって雪質が激しく変わることもあります。

時にはモナカ雪に足を取られて苦しめられることもあります。

でもよい雪に当たった時の一本はもうそれだけでお腹一杯になるものです。

野反湖うらやまガイドIMG_0850

山で泊まるツアーは、朝や夕の山の景色を楽しめるのも魅力ですね。

標高が高いのでマイナス10度以下の気温で指先が凍ってしまいますが、

それでもシャッターを押し続けます。

野反湖うらやまガイドIMG_0842

北アルプスに沈む 夕日です!

もちろん翌朝の朝日も感動的です。

野反湖うらやまガイドIMG_7727

そして、どのように安全なコースで下山するかもとても大事なことです。

猛吹雪なら安全確実に下山することが、時にはあります。

でも一番安全なゴール地点でお出迎えの車が待ってくれています。

雪まみれの冷えた体も、六合道の駅の応徳温泉へドボンすれば最高です!

野反湖うらやまガイドIMG_7667

2015シーズンは最高のパウダースノーに恵まれました。

2017シーズンはこれからです!

豪雪地帯ではないので、早い時期からロングツアーができるのが魅力です。

1月から3月まで快適なツアーができます。

土日のツアーは早めのお問い合わせ、ご予約お待ちしています。

カテゴリー: エコツアー的, バックカントリースキー, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す