イベント・野反湖バックカントリーガイド(2014/4/29)

第一の壁

第一の壁

きょうはいつ降り出してもおかしくない天気だったので、

大倉山の予定を変更して三壁山を滑ってきました。

出発も早くして朝8時にはダムサイトの駐車場を歩き出しました。

三つの壁のような急斜面があるから三壁山、なんて誰が付けたの?

シールでは大変なのでツボで登りました。

三壁山山頂直下最後の登り

三壁山山頂直下最後の登り

山頂直下の斜面はもっと斜度があったと記憶してましたが、

今年の雪のつき具合の所為なのか意外なほど緩斜面でした。

時折ガスが巻いてきて視界不良になるので、

様子を見ながらの滑降となりました。

山頂から西ブタ沢への尾根を1本。

BC歴3年のボーダー

BC歴3年のボーダー

 

登り返して北東の尾根を1本。

ここが今日一番の斜面でした。

遠くに苗場山や鳥甲山がガスの切れ目から眺められました。

歴27年ベテランテレマーカー

歴27年ベテランテレマーカー

 

そして3本目は、 登ってきた登山道沿いの尾根をキャンプ場まで滑りました。

ガス晴れ待ちの冷えた体にはポットの熱いチャイが好評でした。

1.8リットル背負ってきた甲斐がありました。

今日1番の斜面を滑って登り返したの図

今日1番の斜面を滑って登り返したの図

 

イベントの参加ありがとうございました。

天気に翻弄されましたが、

そんな中で安全に楽しくガイドできたのはお二人のおかげです。

来シーズンはもっと早く道路開通してもらえたら、

まだまだたくさん素敵なコースをご案内できますよ。

今後も野反湖うらやまガイドよろしくです。

カテゴリー: エコツアー的, バックカントリースキー, 未分類, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す