ラムサールストーリー@第18回シークレットkuniパウダー(ザラメ)ガイド

野反湖うらやまガイドIMG_4131

カラマツの小枝に針みたいな樹氷がたくさんできてました。

とってもビューティフル!

野反湖うらやまガイドIMG_4135

岳樺の小枝にも。

とにかくバックカントリーツアーのハイクアップの最初は、

ペースがつかめないと辛いものです。

ついついうつむき加減になってませんか?

雪山の非日常のロケーションを楽しむ余裕を持ちましょうね。

野反湖うらやまガイドIMG_4151

ラムサールストーリーなんて粋な見出しを付けちゃいましたが、

オムスビ山物語でも良かったかも。

どっちにしろ、今日のオムスビ山ツアーで、

ラムサール条約登録芳ヶ平湿地群の2月最後の風景を、

ゲストのウロコテレマーカーさんに存分に楽しんでいただきました。

野反湖うらやまガイドIMG_4156

大平湿原までのハイクアップはなかなか調子が掴めず苦労されていましたが、

オムスビ山という目標を目前にされてから本当に良く頑張りました。

野反湖うらやまガイドIMG_4159

オムスビ山ハイクアップの中間地点で、

草津温泉から正午の合図でもあるオルゴールの草津節が聞こえてきました。

野反湖うらやまガイドIMG_4168

大高山や白砂山、八間山など野反湖周辺の県境稜線の山々をバックに、

ウロコテレマーク万歳!です。

野反湖うらやまガイドIMG_4166

ここまで来れば素晴らしいパノラマです。

芳ヶ平湿原と赤い屋根のヒュッテもちょうど同じくらいの高さです。

野反湖うらやまガイドIMG_4167

湯釜のある草津白根山も眺められます。

野反湖うらやまガイドIMG_4184

そして帰りはオムスビ山を滑った後、

平兵衛池と水池と穴地獄を回って下山しました。

野反湖うらやまガイドIMG_4203

穴地獄、水池、大池、平兵衛池、大平湿原、芳ヶ平湿原、湯釜と、

ラムサール条約登録地を最短で巡ることのできた今回のツアーですが、

ウロコテレマークスキーの機動力あってのことです。

野反湖うらやまガイドIMG_4191

ウロコテレマークスキー歴3シーズン目のゲストさん、

今日はお疲れさま&大変ありがとうございました。

野反湖うらやまガイドIMG_4199

非日常なロケーションの中にたくさんの発見があり、

ハイクアップの頑張りの分だけダウンヒルの爽快な気分を味わえる、

そんな起承転結なストーリーのあるガイドをこれからも心がけていきたいと思います。

野反湖うらやまガイドIMG_4196

次回野反湖BCも奥様とともにぜひお楽しみにしてください。

irasuto2

カテゴリー: テレマークスキー, バックカントリースキー, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す