会越国境・浅草岳BC偵察(2017年4月5日)

野反湖うらやまガイドIMG_6205

実は浅草岳を偵察するのが今回の目的な訳ではなかったのですが、

目指す山の偵察についてはいろいろあって断念して、

とりあえずって感じで浅草岳に流れてきました。

そんなこんなで歩きだしの時間は9時半を過ぎてました。

野反湖うらやまガイドIMG_6207

午前10時半過ぎ、ようやく嘉平与ボッチが遥かに眺められる稜線とっつきです。

新潟地方は20度、5月上旬並みの陽気ということで、

どんどん雪が緩んでます。

野反湖うらやまガイドIMG_6213

この辺でもう家内は置いてきます。

今日は天気が安定していて迷いようもないので、

一人旅どうぞよろしく。

野反湖うらやまガイドIMG_6224

前岳がようやく姿を現しました。

でも山頂はまだです。

野反湖うらやまガイドIMG_6235

午後12時41分、浅草岳山頂とうちゃこ。

で、いつも思うんですが、

まったく感動的な浅草岳の山頂らしくないこの看板に対する山名標柱のみすぼらしさ、

どうにかなりませんでしょうか。

野反湖うらやまガイドIMG_6237

もちろん浅草岳山頂の360°のパノラマ、最高に感動的です。

まだ行ったことがない皆様、ご安心ください。

野反湖うらやまガイドIMG_6243

標高1585mのこの雪の量、群馬の中之条だとちょうど大平湿原と同じ標高です。

信じられないロケーションです。

野反湖うらやまガイドIMG_6233

只見湖です。

浅草岳山頂から会津方面へ滑り降りて、

只見線で戻ってくるツアーぜひやりたいところです。

野反湖うらやまガイドIMG_6249

山頂を辞して下山開始。

前岳でちょうど一人旅の家内と落ち合いちょっと遅めの昼食休憩。

そしていよいよお楽しみの滑降です。

(いやいや今日は偵察ですから・・・)

野反湖うらやまガイドIMG_6262

平日のバックカントリーはのんびり気分でいいです。

野反湖うらやまガイドIMG_6276

どこもかしこも競争率ゼロです。

野反湖うらやまガイドIMG_6278

ただもっと早い時間に滑りたかったです。

野反湖うらやまガイドIMG_6312

標高が低い分、また日によってはフェーン現象もあるかもな新潟の山は、

ヘビー級湿雪にはくれぐれもご用心ください。

でもでも雪たっぷりな沢や尾根、ブナ林のツリーランが存分に楽しめました。

今週末の天気が心配ですが、ぜひとも期待したいところです。

irasuto2

 

カテゴリー: エコツアー的, テレマークスキー, バックカントリースキー, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す