薬師沢左俣源頭(北ノ俣岳)&ウマ沢(黒部五郎岳)大滑降@2017黒部源流BC(2017年5月4日)

野反湖うらやまガイドIMG_8434

午前8時15分、北ノ俣岳山頂とうちゃこ。

目指す黒部五郎岳はまだまだ遠いです。

野反湖うらやまガイドIMG_8440

黒部五郎岳方面を目指す他の登山者やスキーヤーの皆さんは、

稜線伝いを忠実にたどられるようですが、

野反湖うらやまガイドツアーの今日のゲストさんたちは、

その日の体力や気力にあったルーファイです。

野反湖うらやまガイドIMG_8444

じゃじゃ~ん、

赤木平へとなだらかに広がる薬師沢左俣源頭斜面は遠近感が麻痺するほどビッグです。

北ノ俣岳の東側斜面なので朝一でも雪がゆるみやすく、

ツアーの最初に落とすにはもってこいのコースです。

野反湖うらやまガイドIMG_8447

最高に御機嫌な一本でした。

ご馳走様!

野反湖うらやまガイドIMG_8452

赤木平は雪の砂漠です。

野反湖うらやまガイドIMG_8454

ここで一日ずっとのんべんだらりと過ごしていたい衝動に駆られますが、

気持ち切り替えて先に進みます。

野反湖うらやまガイドIMG_8455

ここからの黒部源流と鷲羽岳の眺めには圧倒されます。

縦走ツアーもいつか気力と足のそろったゲストとともに実現したいですね。

野反湖うらやまガイドIMG_8461

赤木岳直下の斜面を効率的にへつりながら中俣乗越へ這い上がります。

野反湖うらやまガイドIMG_8463

ゲストのお二人が見てないところで実は2回も美味しい斜面をつまみ食い。

これはウロコテレマークの特権ですが、内緒です。

野反湖うらやまガイドIMG_8465

そしていよいよ黒部五郎岳直下の急斜面の登りです。

ブーツアイゼンで行くかスキーアイゼンで行くか、

先行者の登りの様子でゲストと相談します。

そしてスキーアイゼンで登ることに決定です。

途中で不安を感じたらブーツアイゼンに替えるということで。

野反湖うらやまガイドIMG_8466

スプリットボーダーのゲストは、

今日の雪質のコンデョションが最高に良かったので不安なく山頂目指します。

野反湖うらやまガイドIMG_8467

ATスキーヤーも余裕です。

野反湖うらやまガイドIMG_8479

午前11時30分、黒部五郎岳山頂とうちゃこです。

槍ヶ岳や穂高連峰が笑顔で迎えてくれました。

野反湖うらやまガイドIMG_8485

雪庇が張り出していて山頂からは覗けないのですが、

少し下ると五郎沢カールが眺められます。

こちらにも後ろ髪が引かれますが、

今日はウマ沢です。

野反湖うらやまガイドIMG_8489

もう何も言うことはないでしょう!

野反湖うらやまガイドIMG_8496

バックカントリースキー万歳!

野反湖うらやまガイドIMG_8498

2018黒部源流・薬師~黒部五郎岳BCツアー、ぜひ皆さんよろしくです。

irasuto2

カテゴリー: エコツアー的, テレマークスキー, バックカントリースキー, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す