薬師岳大滑降・中央カール~薬師沢右俣~西面@黒部源流BC(2017年5月5日)

野反湖うらやまガイドIMG_2403

太郎平小屋の朝日です。

3泊4日のツアーの3日目の今日は薬師岳方面へ。

野反湖うらやまガイドIMG_8524

薬師平までハイクアップすれば槍ヶ岳が姿を現します。

今日はとてもドラマチックな登場です。

野反湖うらやまガイドIMG_8526

避難小屋まで頑張ると中央カールの岩と雪のコロシアムが覗けます。

そして薬師岳山頂はもうすぐそこです。

野反湖うらやまガイドIMG_8539

薬師岳山頂とうちゃこ。

野反湖うらやまガイドIMG_8536

金作谷カールです。

剱岳や立山、後立山連峰など黒部の山々が一望です。

野反湖うらやまガイドIMG_8553

そしてまずは今日の一本目、中央カール滑降です。

野反湖うらやまガイドIMG_8562

昨日の好天でいたるところにシュプールが残されてましたが、

なんと山頂から死角になる一番いい斜面が面ツルでした。

野反湖うらやまガイドIMG_8569

ヒャッホ~。

そして中央カールの反対側を登り返して東南稜へ。

野反湖うらやまガイドIMG_8572

最後の詰めがなかなかの急斜面でしたが、

中央カールがすり鉢状の地形なのと、

雪のコンデョションが良かったので無事安全に這い上がります。

ここは固ければブーツアイゼンだし、

実は数日前に30㎝の新雪が積もっているので注意が必要なところでした。

実際、白馬や穂高連峰や剱岳で雪崩が起こっていますから。

野反湖うらやまガイドIMG_8584

薬師沢右俣も昨日の好天でメインルートはシュプールだらけです。

そこで東南稜の先まで移動してドロップです。

野反湖うらやまガイドIMG_8585

南稜カールです。

こちらはノートラックです。

でも滑りこんだら戻って来られないような気持ち悪さを感じます。

野反湖うらやまガイドIMG_8598

右俣の一本東の大きな沢なら明るそうでこちらに惹かれますが、今日は我慢です。

右俣の本谷合流手前がいやらしそうだと情報を得ていましたが、

このルートは右俣の途中、薬師沢本谷の手前で合流するので、

合流点から右俣をハイクアップして戻ればいいかなと思いました。

でもツアーの体力的なリスクがあるので却下しました。

ただ、ここを滑ったらダウンヒルの達成感は大きかったかとも思います。

野反湖うらやまガイドIMG_8604

でもこちらももちろん楽しかったですよ。

野反湖うらやまガイドIMG_8613

雄大な谷を滑ったところで稜線に這い上がります。

野反湖うらやまガイドIMG_8630

ちょうど薬師岳山荘の下に出ました。

そして鳶谷方面へ。

2489mの三角点のある尾根に軽く登り返して岩井谷へラスト一本。

野反湖うらやまガイドIMG_8638

太郎平小屋までのハイクアップを頑張ればビールの乾杯が待ってます。

明日から天気が崩れて雨が降りそうな予報ですが、

今日までのバックカントリーでもうお腹いっぱいです!

野反湖うらやまガイドIMG_2449

太郎平小屋に沈む夕日です・・・

irasuto2

カテゴリー: エコツアー的, バックカントリースキー, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

薬師岳大滑降・中央カール~薬師沢右俣~西面@黒部源流BC(2017年5月5日) への2件のフィードバック

  1. 岡本 のコメント:

    お疲れ様です、舞鶴おかもとです。ツアーも無事に終わって何よりでした。天候にも恵まれ最高でしたね〜。実のところ、斜面によってはワッフ音に囲まれるところもあり、おっかなびっくり歩いておりました。折れたスキーは下山時にはお釈迦状態になってしまいましたが、今後も安全運転でいきたいですね。

    • 山雨海風 のコメント:

      おかもとさま 北ノ俣岳山頂では突然でしたのでよく似た方と思って過ぎてしまったのですが、太郎平小屋でおかもとさんだったことにやっと気付いて、こちら大変失礼しました。折れたスキーでの長旅、ホントお疲れさまでした。私も何回かツアー中に経験があります。仙ノ倉で折った時は、毛渡沢が長くて大変だった記憶があります。1日遅れて下山した僕たちは、最後は雨にやられてずぶぬれになりましたが、充実の4日間でした。GWの黒部源流ツアーは、人も少ないし、北アルプスの雄大な風景を存分に楽しめる最高のエリアですね。これからも安全第一でバックカントリー楽しみましょう。奥様にもよろしく!

コメントを残す