妙高・火打山周辺バックカントリー下見(2014/5/8)

行動時間約7時間、移動距離約20㎞

行動時間約7時間、移動距離約20㎞

 

来年(2015年)3月、北陸新幹線開業と同時に、

上信越高原国立公園から分離して「妙高・戸隠」新国立公園が誕生するらしい。

尾瀬が独立して妙高・戸隠お前もか!じゃなくて、

我が中之条六合エリアの野反湖や白砂、ガランの山々は、

ますます上信越高原国立公園の中での存在感をアピールできるじゃないですか。

(プラス思考です!)

富士見平付近からパノラマが広がります

富士見平付近からパノラマが広がります

 

たしかにバックカントリー天国です。

四方どこを見回してもスキー向きの好スロープです。

薬師岳や黒部源流の山々のようにアプローチは大変じゃないので、

GWは大賑わいだったというのもわかります。

あんなところにも・・・って急斜面にもシュプールがあったりして、

11月の立山化現象が見られ始めていました。

快適そうな澄川源頭斜面

快適そうな澄川源頭斜面

 

でも宿泊できる山小屋の収容人数が限られているから、

やっぱり立山にはならないかな。

ただ来シーズンは北陸新幹線効果はきっとかなりあるでしょうね。

火打山頂から焼山方面

火打山頂から焼山方面

 

焼山から先の金山や天狗原山方面の稜線や谷が気になります。

山旅心をそそりますよね。

焼山北面台地

焼山北面台地

 

日本海側の笹倉温泉へ滑っていくのもきっと楽しいでしょうね。

笹ヶ峰に車を回収するのが大変ですけど。

惣兵ェ落谷方面

惣兵ェ落谷方面

 

どこも滑りたい斜面ばかりでしたが、

今日はこちらで我慢です。

いったん滑り始めたら下までアッという間ですね…

火打~影火打から滑ってきた斜面を振り返って

火打~影火打から滑ってきた斜面を振り返って

 

火打山頂まで4時間弱かかって登ったのに、数分の滑降。

またえっちらおっちら登りです。

黒沢岳から黒沢ヒュッテ方面

黒沢岳から黒沢池ヒュッテ方面

 

高谷池ヒュッテのベンチで10分ほど昼寝をして、

帰りは黒沢岳に登って反対側の様子を見てきました。

やっぱりこちらもいいですね。

三田原山外輪と妙高山

三田原山外輪と妙高山

 

2年ぶりに来ましたが、

あらためていいところだなと納得。

ただ残念なことにライチョウにまったく逢えませんでした。

薬師岳に比べて数が少ないのかな。

鮎正宗とスキー正宗

鮎正宗とスキー正宗

 

新国立公園の誕生、おめでとさんです。

乾杯。

今シーズン、まだ富士見平から上は雪量ばっちりあります。

来週いっぱいは楽しめますよ。

 

カテゴリー: エコツアー的, バックカントリースキー, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す