雨ん坊主山のマイヅルソウ@浅間山東麓エリアトレッキングコース調査(2017年5月28日)

野反湖うらやまガイドIMG_0076

ネーミングが洒落っ気たっぷりでなんともお茶目です。

昨年初めてこの山に登った時はまさに土砂降りの雨にやられて、

名前通り雨坊主になりました。

野反湖うらやまガイドIMG_0068

山頂は特に展望がいいという訳でもなく、

また途中も稜線漫歩が楽しめるという訳でもないので、

はっきり言って地味な山です。

野反湖うらやまガイドIMG_0043

しかも途中の登山道の様子はというと、

案内板は少なく、しかも熊にかじられてほとんど半壊滅状態、

さらにいつなんどき土砂崩れで道がなくなるか心配なくらい地盤が軟弱そうです。

野反湖うらやまガイドIMG_0056

でも、名前がいいからなんとなく魅かれてしまう山です。

そして上部はあまりにも地形が急峻だったからでしょうか、

広葉樹の自然林が豊富に残されています。

野反湖うらやまガイドIMG_0094

シオジの森というのとミズナラの森というのがあって、

アップダウンが続く細尾根の右に左に、

ミズナラやクリやブナ、リョウブやレンゲツツジの若葉が目に眩しくて、

とっても癒されるコースです。

野反湖うらやまガイドIMG_0079

とはいっても雨坊主山直下に一か所だけ、

角落山と浅間隠山が絶妙な構図で眺められる展望ポイントがありました。

雨坊主山にチャレンジする皆さん、ぜひお見逃しなく。

野反湖うらやまガイドIMG_0055

ふだん標高が低すぎて中之条の山からは見れない妙義の山々が、

ここ雨坊主山では高く見えます。

野反湖うらやまガイドIMG_0073

雨坊主山山頂では、マイヅルソウがひっそりと可憐な花を咲かせていました。

野反湖うらやまガイドIMG_0052ユキザサです。

野反湖うらやまガイドIMG_0097

これは見たことない花です。

調べてみましょう。

野反湖うらやまガイドIMG_0022

往復3~4時間のコースです。

かつて森林整備の事業で歩きやすい森だったようですが、

今はあまり上る人もなく寂しい感じの山です。

でも独特の雰囲気がある山で玄人好みな山だと思います・・・

irasuto2

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

雨ん坊主山のマイヅルソウ@浅間山東麓エリアトレッキングコース調査(2017年5月28日) への2件のフィードバック

  1. 鷹觜 のコメント:

    下から2番目の写真の花は、フデリンドウの咲き終わったものになります。

    • 山雨海風 のコメント:

      鷹觜さま ほんとうに長い間ご無沙汰しています。お元気ですか?コメントありがとうございます。確かにフデリンドウです!そう言われてみないとわからないものですね。雨ん坊山は標高が低いので六合のウラヤマより咲き終わるのが早いのでしょうが、六合のウラヤマはきっと他の鮮やかな花々に埋もれてしまってこのような状態になるフデリンドウに今まで気づいたことがなかったのかも。大変勉強になりました!

コメントを残す