2017野反湖シラネアオイ情報(2017年6月4日)&雑感

野反湖うらやまガイドIMG_0562

今日も寒い野反湖です。

一昨日は渋峠の気温が1度でしたが、

これじゃきっと渋峠では今日も1度かも。

野反湖うらやまガイドIMG_0571

このところの寒さのおかげでしょうか、

シラネアオイは見頃がまだまだ続いてます。

明日の関西方面からのゲストの皆さん、良かったですね。

ぜひ満開のシラネアオイを楽しんでください。

野反湖うらやまガイドIMG_0576

コマクサはまだまだですが、

よく探してみれば小さな花芽を見つけることができました。

他にもムラサキヤシオ、オオカメノキ、イワカガミやミツバオウレン、

キジムシロの花が見られました。

野反湖うらやまガイドIMG_0588

こちらは暮坂高原のヤブデマリの花です。

毎年同じ場所にここだけ咲きます。

野反湖うらやまガイドIMG_0544

ところで昨日は浅間山東麓のトレッキングコース調査でした。

旧信越線(碓井線)のめがね橋の上を歩いてきました。

野反湖うらやまガイドIMG_0505

かつて線路だったところがトレッキングコースになっていますが、

アプトの道といいます。

鉄ちゃんにはたまらない道です。

野反湖うらやまガイドIMG_0541

めがね橋から信越本線が見えました。

もちろんこちらも廃線です。

野反湖うらやまガイドIMG_0539

平成9年ということは、

長野オリンピック開催の前の年の1997年です。

長野オリンピック開催と長野新幹線開通の光と影の歴史ですね。

野反湖うらやまガイドIMG_0494

旧中山道も調査してきました。

平成9年以前、この道をMTBでダウンヒルして、

横川駅で釜飯を食べて、

MTBを輪行して信越線で軽井沢に戻ったことを想い出します。

3泊4日の100万円でも買えない、なんともいえない鉄道旅の旅情に満ち満ちていました。

野反湖うらやまガイドIMG_0476

碓氷峠は歴史ある峠です。

いつも森の中を歩きながら木や花や鳥や虫たちのことばかり考えていますが、

旧中山道を歩きながら、吾妻はやのヤマトタケルの昔からの、

碓井越えの人々の長い歴史について思いを馳せてみるのも、

なかなか楽しいです・・・

irasuto2

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す