バックカントリースキーヤーの空想

草津白根山が激しく噴火活動が起こった14000年前、

平兵衛池溶岩流が噴出し流下した後に大きな閉塞湖が出現したそうです。

それが現在の芳ヶ平湿原の遥か昔の姿です。

ここに大きな湖があったというのは容易に想像しやすい地形です。

北~北東方向に流下した溶岩流は、

西~北の横手溶岩、南の白根火砕丘、東の平兵衛池溶岩流に囲まれた

盆地状の地形を形成したんだそうです。

野反湖うらやまガイドIMG_4253

芳ヶ平湿原をボーリング調査した最新のデータでは、

旧芳ヶ平湖の湖底高度が上昇し湿地化したその時期は、

約3000年より以前のことだそうです。

つまり芳ヶ平湿原の誕生時期は約14000年以後~約3000年以前の間という訳です。

野反湖うらやまガイドDSC_0294

ところでどうして旧芳ヶ平湖の湖底高度が上昇したのかって?

池の塔山や横手山の山体崩壊で埋積したからです。

野反湖うらやまガイドIMG_4271

そのおかげでバックカントリースキーが、

ヒャッホーと雄たけびを上げて滑ることが出来るのです。

野反湖うらやまガイドIMG_4278

僕の勝手な想像ですけれど、

大平湿原もかつて旧大平湖があったなんていかがでしょう。

僕には流山が大平湿原の先まで残っているように見えます・・・

irasuto2

カテゴリー: エコツアー的, バックカントリースキー, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す