チャツボミゴケ公園の奇跡のストーリー

野反湖うらやまガイドIMG_8136

現在火山活動が活発な白根山北面の火山ガスが噴気している様子です。

草津白根山は山体の360度いたるところで火山ガスが噴出しています。

時には致死量にいたる濃度のガスが溜まっている場合もあるので、

登山者は正しい情報と細心の注意を払って行動する必要ありです。

野反湖うらやまガイドIMG_5738

ところでチヤツボミゴケ公園の穴地獄に温泉が湧出しているのは、

草津白根山の火山活動の賜物です。

なぜこの場所かといえば、

穴地獄が平兵衛池溶岩流の末端だったからというのが火山学者の説です。

だとしたら溶岩流がこの手前でストップしたというまったくの偶然の必然という訳です。

野反湖うらやまガイドIMG_4045

そしてここに、強酸性の火山性温泉水を好むチヤツボミゴケが繁殖しました。

鉄分を多く含んで湧出する温泉水にチヤツボミゴケが媒介となって、

1万年以上の年月をかけて国内第2位の産出量を誇った鉄鉱床が生成されました。

日本鋼管がこれを開発して戦後復興期の鉄鋼生産に貢献したそうです。

野反湖うらやまガイドIMG_5735

活火山によって湧出した温泉とチヤツボミゴケによる鉄鉱床の生成は、

バイオミネラリゼーションというんだそうです。

ここ穴地獄周辺では現在進行形で今ももちろん、

バイオミネラリゼーションによって鉄鉱床が生成しているそうです。

野反湖うらやまガイドIMG_9533

そのおかげで今年2月に国の天然記念物に指定されたこともあり、

チャツボミゴケ公園の来園者は2017年度7万人だったそうです!

野反湖うらやまガイドIMG_3073

穴地獄は群馬鉄山の閉山後に日本鋼管の保養施設として人工的に整備されました。

その後六合村と中之条町が町村合併した際にすべて無償譲渡されて、

新たに中之条町の観光の宝としてチヤツボミゴケ公園のネーミングでデビュー!

おそらくこれもまた偶然の必然といえなくもないでしょう・・・

2018年1月5日から3月いっぱいまで、

中之条町観光協会主催でチヤツボミゴケ公園スノーシューツアーが開催です。

これを見たあなたがツアーに申し込んでいただいたことも、

きっと偶然の必然性でしょ!

野反湖うらやまガイドIMG_1613

irasuto2

カテゴリー: エコツアー的, スノーシュー, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

チャツボミゴケ公園の奇跡のストーリー への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 芳ヶ平湿地群という名称について | 野反湖うらやまガイド・山雨海風のウラヤマな日々

コメントを残す