パウダーじゃなければロングトリップが楽しいシークレットkuni

野反湖うらやまガイドIMG_9438_R

ラムサール条約に登録されている芳ヶ平湿地群の面積は、

有名な尾瀬と比べるとスケール的に貧弱なような印象があるかもしれませんが、

じつはバックに芳ヶ平湿地群の何十倍?もの秘境エリアの大自然が、

特異で貴重な芳ヶ平湿地群の自然を支えているんです。

野反湖うらやまガイドIMG_9439_R

地図を広げてみてください。

主にコメツガやトウヒ、シラビソ、オオシラビソの原生的な森が、

上信越国境の彼方まで広がっています。

もちろん上信越高原国立公園として指定されています。

野反湖うらやまガイドIMG_9453_R

今日はそんな森の中を自由気ままに歩いて、

パウダーじゃないけどバックカントリーを存分に楽しんできました。

野反湖うらやまガイドIMG_9470_R

パウダーじゃないとスノーシューでも歩きやすいのでロングトリップが可能です。

野反湖うらやまガイドIMG_9435_R

春になったら白砂山の先の県境稜線もぜひツアーしましょう。

野反湖うらやまガイドIMG_9442_R

ところでいよいよ今週末からチヤツボミゴケ公園スノーシューツアーもスタートです。

野反湖うらやまガイドIMG_9475_R

冬季は一般開放していないので誰も訪れることが出来ない秘境ムードが漂っています。

そして雪の中のチャツボミゴケは幽玄な雰囲気です。

また、温泉というぬくぬくとした環境だからでしょうか、

こんな厳寒の中でもひっそりと生き物たちの気配も感じられたりもします。

野反湖うらやまガイドIMG_9452_R

シークレットkuniパウダーガイドのバックカントリーもスノーシューツアーも、

いよいよハイシーズン突入です。

チヤツボミゴケ公園スノーシューハイキングのお問い合わせお申込みはこちら、

中之条町観光協会へどうぞ。

irasuto2

カテゴリー: エコツアー的, スノーシュー, バックカントリースキー, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す