2018巻機山BC偵察

野反湖うらやまガイドIMG_1966_R

いよいよ春スキー本番です。

雪質はまだ微妙ですが、

何よりロケーションが素晴らしいです!

井戸の壁はきついけど、

思わず息をのむブナの森の美しさに励まされて頑張れます。

野反湖うらやまガイドIMG_1982_R

米子沢も割引沢も先週の二度の大雨でかなりコンディションが悪そうです。

野反湖うらやまガイドIMG_2081_R

ニセ巻機山手前の急斜面はそれでもまだクラックが入っていなくてラッキー。

野反湖うらやまガイドIMG_2001_R

ニセ巻機山でシールをはがして、そこからはウロコで滑って登って本峰へ。

小さなケルンがあるだけで山頂の印が何もないので、

初めて来た人はどこが山頂かはっきりせず悩みます。

野反湖うらやまガイドIMG_2018_R

ところで巻機山へ来たらぜひ牛ヶ岳との鞍部までお散歩したいですね。

(体力的時間的に余裕がないと無理ですが・・・)

野反湖うらやまガイドIMG_2027_R

奥利根源流の山々の稜線が続きます。

野反湖うらやまガイドIMG_2028_R

遠くで尖がっているのは奥只見の荒沢岳でしょうか。

野反湖うらやまガイドIMG_2042_R

奈良沢源頭斜面がドド~ンと広がってますよ。

どこまでも滑っていきたいですね。

野反湖うらやまガイドIMG_2036_R

奥利根湖がわかりますか?

野反湖うらやまガイドIMG_2046_R

今日のところは奥利根湖に向かって滑るのを我慢して、

ゆっくり山頂に戻ります。

野反湖うらやまガイドIMG_2052_R

帰りはこちらを滑ります、

野反湖うらやまガイドIMG_2068_R

巻機山の山頂部はほんとうに面白い地形をしていますね。

織姫伝説から巻機山という名前が付いたようですが、

米子沢の源頭が巻き込んでいるような地形の様子も、

山名の由来と関係ある気がしてきます・・・

irasuto2

カテゴリー: エコツアー的, バックカントリースキー, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す