2018芳ヶ平湿地群トレッキングガイド情報

野反湖うらやまガイドIMG_4108_r

4月20日午前10時、志賀草津道路が冬季閉鎖解除でめでたく開通しました。

ところが2日後の4月22日から再び通行止めになりました。

春の降雪の影響ではなくて、

草津白根山の火山活動が少し活発になったようで、

再び湯釜の火山規制がレベル1から2に設定されたためです。

気象庁のホームページによると、

白根山(湯釜付近)の火山性地震は多い状態が継続しています。
湯釜火口付近の傾斜計で観測されていた変化は、23日以降小さくなったものの継続しています。
引き続き、白根山(湯釜付近)では火山活動が高まっていると考えられ、今後、湯釜火口から概ね1kmの範囲に影響を及ぼす噴火が発生する可能性があります。
21日以降の、湯釜付近の火山性地震の発生回数(速報値含む)は以下のとおりです。
火山性地震
4月 21日 00時から24時    7回
22日 00時から15時  155回
15時から18時   29回
18時から21時   10回
21時から24時   15回
23日 00時から03時   10回
03時から06時   18回
06時から09時   16回
09時から12時   14回
12時から15時    9回

また、本日(23日)の監視カメラによる観測では、湯釜北側の噴気地帯の噴気の状況、湯釜北側の熱異常域に特段の変化は認められませんでした。

野反湖うらやまガイドIMG_4139_r

4月21日に僕たちはそんなことも知らずに、

冬のバックカントリーガイドでお世話になった芳ヶ平ヒュッテに

挨拶に出かけてきました。

野反湖うらやまガイドIMG_4146_r

そして芳ヶ平ヒュッテからダマシ平を通って渋峠まで、

登山道の雪解け状態を偵察してきました。

野反湖うらやまガイドIMG_4156_r

今年は雪解けが早そうですが、

5月いっぱいは雪渓が残っていて歩きにくいところがあるでしょう。

白砂山の稜線もかなり雪解けが進んでいました。

野反湖うらやまガイドIMG_4159_r

ところで草津白根山ですが、

噴火警戒レベルが2に設定されたといっても、

火山性地震が減って平常な状態がしばらく続けば、

またレベルが1に下げられます。

そうなればまた志賀草津道路が通行できるようになります。

5月からのグリーンシーズンで、

こちら方面のガイドをお問い合わせされているゲストの皆さんには、

そんなリスクを前提にご希望に応じた最適コースをご案内しています。

irasuto2

カテゴリー: エコツアー的, テレマークスキー, トレッキング, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す