知床をシーカヤックで旅したお話

知床シーカヤッキング・シリ・エトク(大地の果てるところ)へ

知床半島の西の玄関口であるウトロを朝早く出発した。プユニ岬からカムイワッカの滝まで知床の厳しい自然に磨かれた荒々しい断崖の海岸線が続く。海の色は一言では表現できないブルー。小笠原でも佐渡でも豊後海峡でもない、知床のブルーとしか言いようがない。とても冷たくて泳ぐ気なんて起こらないが、北の海流にのってやって来るこの青い海こそ、知床のすべての生き物の母だ。

siretoko13

カモメなどの海鳥のけたたましい鳴き声が、断崖に囲まれた入り江に響き渡る。そう、ここは海鳥の楽園。気をつけなければならない。頭上を飛び交うカモメから爆弾(くそ)がいつ落ちてくるかわからないのだ。私たちは、おそるおそる断崖にくりぬかれた洞窟にカヤックごと入り込む。入り口はカヤックがやっと通れるくらいだが、中は6メートルあまりのカヤックが方向転換できるくらい広い。ちょっとした探検気分。

siretoko3

カムイワッカの滝を過ぎると、背後に濃密な森を従えた玉石の海岸線に変わる。なんと野生の臭いがすることか。そして、ヒグマが出た!2度続けて。最初の親子連れは、子供を先に逃がせて悠然と母熊も森に消えた。次の熊は、はじめは音もなく近づくカヤックに気づかないで海岸の草を食べていた。やがて私たちの様子をうかがうようにしながら、やっぱり悠然と森に消えた。濃密な森に覆われたこの大地は、知床のすべての生き物の父だ。

siretoko9

知床にはいくつもの番屋がある。夏から秋にかけてカラフトマスや鮭を捕ったり、ウニや昆布を採ったりするために、漁場の近くで漁師が生活するためにあるのだ。私たちは、6年前に世話になったアウンモイの番屋を訪ねた。船頭さんたちは、私たちのことを良く憶えていてくれて、また快く迎えてくれた。 アウンモイの番屋は他の番屋とちょっと違う。断崖絶壁にえぐられた小さな入り江にへばりつくようにあるのだが、正面に切り立った小島があり荒海から入り江を守っている。それはまさに天然の要塞である。ひょっとしたら気付かないで通り過ぎてしまうカヤッカーも多いだろう。 漁師は、7月になると漁場に網を張るために、ここへやって来る。8月のはじめの今頃は、マスが少しやってくる程度でまだのんびりしているが、鮭の捕れる頃になるともっとたくさんの漁師がここにやってきて、大忙しになる。11月頃になると海の荒れ方も今よりもっと凄いから、漁師の仕事はまさに死と隣り合わせだ。

siretoko2

そういえば前回の時はマスが初めて捕れたお祝いの日で、チャンチャン焼きをごちそうになった。今回も漁師達の家族が遊びに来ていて、夜の豪華な宴会に交ぜてもらった。チャンチャン焼きはもちろん、たこ、うに、ヒラメ,鹿・・・私たちはなんと図々しい旅人か。

siretoko7
二日目の昼、私たちは岬に上陸した。岬には私たち三人以外誰もいなかった。知床岬らしい強い風が、台地の草原をなびかせていた。シリ・エトクとはアイヌ語で、大地の果てるところと言う意味がある。とうとう、また、こんなところまでやって来てしまった。岬の沖には強い潮のぶつかり合いがあった。岬というところは、潮と風が渦巻き合ってあたかも全身に血液を送り出す心臓のように、海のパワーの源だ。いろんな岬をかわしたが、特に知床岬から生み出されるエネルギーは、並ではないだろう。 三人はそれぞれの想いを抱いて、しばらく静かに、岬の時間を過ごした。

siretoko14

漁師はカモメのことをゴメと呼ぶ。断崖絶壁に無数の巣があるが、文吉湾では沖の防波堤に巣があった。陸から行けないので、狐にやられることはないけれど、気をつけないといたずら好きのカヤッカーにやられるよ。

siretoko12
今夜は岬近くの文吉湾にキャンプだ。番屋のおじさんに断りを入れると、「ついこないだまで、よく熊が遊びに来てたべよ。」と、私たちをビビらせる。青ざめる私たち。「でも今は鹿がよく来てるから、熊はこの辺にはいねえべ。」と安心させてくれる。でも怖いなあ。食料は、テントから出しとこ! 私たちがのんびりしてると、ピーター達もやってきた。ピーターと辻ちゃんは、昨日カムイワッカの滝の近くの入り江で友達になったカヤッカーだ。焚き火の煙が沖から見えたので行ってみたら、朝漁師がくれたんだと言って、ウニやらマスやらの炭火焼きをごちそうしてくれた。昨晩は一緒にアウンモイの番屋に泊まり、昼間は別行動。彼らは少し戻って、カシュニの滝でカヤックごと滝の水を頭からかぶってきたそうだ。ピーターはジャズドラマー。港からがらくたのバケツを拾ってきて、スイングする。今夜も夜空にタイコとウクレレとリコーダーの音が鳴り響いた。

siretoko10

忘れちゃならない愉快な仲間、番屋の犬、チャッピー! 寂しくなるから行かないでくれと、私たちを名残惜しく見送ってくれた。 私たちは予定を変更して、ウトロに戻ることにした。またまた図々しくもアウンモイの番屋を訪ねよう。

siretoko1

途中オキッチウシの沢が流れ込む入り江に上陸した。今までで一番天気も良く波も穏やかな一日となり、私たちは心ゆくまで知床の夏を楽しんだ。この素晴らしい大自然を、いつまでも壊さないようにしていきたいな。

siretoko11

漁師のやまちゃんは、船に乗ったら人が変わる。知床の海の男は、かっこいい! 一日おいて番屋を訪れたら、お客さんである漁師の家族達も帰ってしまい、何となく寂しい雰囲気になっていた。まだ網をあげる時期ではないので、朝と夕方網を見回るくらいで、のんびり気分だ。またまた歓待してくれる。 漁師さん達の生活は、私たちなんかにはたぶん想像もつかないような厳しい北の海の自然の脅威と背中あわせだ。最後の日の朝、船頭さんは私たちを船に乗っけてくれた。カラフトマスや鮭を捕る定置網の様子を見に行くのと、スロープの補修のための砂利を採りに行くためだ。海は少し時化ていて、私たちはしっかと船縁にしがみつく。どんなに船が揺れても、しぶきがかかっても、平然と煙草を吸っているやまちゃん。シーカヤッカーなんて到底足もとにも及ばない。

siretoko4

最後の日、海は時化気味だったがこれ以上アウンモイの漁師さんに甘えるわけにもいかないので、ウトロに向けて旅立った。観光船は欠航のようだ。昨日とは違い、上陸できるところもなく、ひたすら漕いだ。夕方ウトロに着いたときは、くたくただった。

カテゴリー: エコツアー的, カヤック・シーカヤック, グルメ, 未分類, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

知床をシーカヤックで旅したお話 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 群馬の湖を漕いで知床の海の思い出に浸る・・・ | 野反湖うらやまガイド・山雨海風のウラヤマな日々

コメントを残す