ぐんま県境稜線バックカントリーガイド

パルコール嬬恋スキー場~万座温泉~中之条kuni

2009年2月7日

浦倉山を背中越しに土鍋山への登り

浦倉山を背中越しに土鍋山への登り

大学の山岳部パーティーだろうか、
昨日万座温泉から縦走してこの近くで幕営したらしい。
今日は四阿山へ向かう彼らとすれ違う。
赤い旗竿と、でかザックで、
若い彼らが山やの伝統をしっかりと受け継いでくれているのが、
自分は山岳部出身でなくてもなんだか頼もしく感じてうれしくなる。

浦倉山からは緩やかな樹林帯を昨日の新雪を蹴散らして快適に下っていく。

北アルプスの山並みが素晴らしい

北アルプスの山並みが素晴らしい

鞍部の広々とした雪原に降り立つと、
信州のパノラマが開け北アルプスの山並みが素晴らしい。

土鍋山の由来は何だろ?

土鍋山の由来は何だろ?

ここからシールを貼り、土鍋山へ。
11時半、土鍋山着。
広い山頂はまわりを疎林に囲まれて展望がきかず味気ない。
さて、ここから二つのルートがとれる。
一つは破風岳への稜線を辿るコースが考えられるが、
今日も前回縦走した時と同じ小串鉱山に滑り込む尾根を選ぶことにする。
濃い樹林の急斜面を苦労しながら下ると、
開けた沢状の疎林帯に出た。
前回はそのまま尾根上を滑ったけれど今日は沢の中を滑る。

土鍋山頂から万座方面への眺め

土鍋山頂から万座方面への眺め

小串鉱山の下部まで滑り込み、
再びシールを貼って御飯岳に向けて登る。

土鍋山から小串鉱山跡への滑り

土鍋山から小串鉱山跡への滑り

樹木のない小串鉱山跡の南向き斜面は、
日射と風の影響だろうか、
アイスバーンである。
スキーアイゼンが欲しいところだ。

小串鉱山跡の登り

小串鉱山跡の登り

土鍋山から一番のスキー向きスロープはどの尾根や沢だろう。
歩きながら振り返って次回のために品定めしてみると、
破風岳への稜線途中から無木立の沢状急斜面がいいかもしれない。
または、
破風岳まで登り返して急斜面を毛無峠へ滑り込んでもいいかも。

小串鉱山跡の急斜面を登り上げて毛無山に上がると、
御飯岳までは緩やかな登り。
でもダラダラと長くて、やや疲れが出てきた。

小串鉱山跡から御飯岳への登り

小串鉱山跡から御飯岳への登り

御飯岳は意外と標高があり2160m。
山頂から県道牧干俣線まで260mのダウンヒル。
樹林がちょっとうるさい急斜面だけど、パウダーで意外と楽しめた。
県道牧干俣線に滑り込めばあとは長い林道歩き。
万座温泉スキー場まで約1時間。
前回はすでにナイターゲレンデの時間だったのに、今日はまだ4時半。
ゴンドラ山頂駅から約7時間の縦走だった。
速攻で、もちろん万座の湯にドボン。

万座温泉スキー場に滑り込む

万座温泉スキー場に滑り込む

翌日は地吹雪。
昨夜は10㎝ほど降雪あり。
山田峠までは凄まじい風である。
万座温泉から渋峠へ抜ける場合の山田峠の通過は、
天気が良ければ問題ないが、
今日のような日は注意が必要である。
かつて坊主山の斜面は雪崩の記録があるし、
山田峠は風が半端じゃない。
この辺りの地形に自信がない人は引き返すべきだと思う。
志賀草津道路沿いだからと侮る無かれ・・・

今年は雪不足だけどとりあえず・・・

今年は雪不足だけどとりあえず・・・

ここからはまさに勝手知ったる我が裏山。
JHを滑って鋼管休暇村へ下山した。

翌日は一転地吹雪の下山

翌日は一転地吹雪の下山

ドピーカンの山はもちろん最高だけど、
悪天候の裏山も最高!
パウダーである。

細革のYOUICHI君の滑り

標高が下がれば地吹雪も収まって一安心

カテゴリー: エコツアー的, テレマークスキー, バックカントリースキー, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す