屋久島縄文杉トレッキング

野反湖うらやまガイドIMG_3453_r

3連休の1日目とあって、すでにバス乗り場は長蛇の列。

でもなんとか2便のバスに乗車できたので、

荒川登山口を午前6時前には歩き出すことができました。

野反湖うらやまガイドIMG_3466_r

歩き出してすぐ、

トロッコ軌道の脇の茂みにヘッデンの灯りで目が光る小さな獣に出逢いましたが、

あとから調べたらコイタチでした。

サルとシカはいるけど、

キツネもウサギもイノシシもいない屋久島の森でコイタチは最強の肉食獣らしい。

野反湖うらやまガイドIMG_3487_r

やがて夜が明けると、次から次へと巨大杉がトロッコ軌道沿いに現れ始めます。

野反湖うらやまガイドIMG_3488_r

いちいち感動して観賞していると先を急げません。

樹齢1000年以下は小杉とされていて、屋久杉とは言わないそうです。

野反湖うらやまガイドIMG_3504_r

また、里近くに人工的に植えられている杉は地杉なんだそうです。

野反湖うらやまガイドIMG_3491_r

そして突然、奥岳の峰々が木々の間から垣間見えて大感動です。

きっとあれは一昨日登った栗生岳と宮之浦岳でしょう。

野反湖うらやまガイドIMG_3546_r

さすがウイルソン株は大人気で、写真撮影の人たちで順番待ちらしく、

全然落ち着いた雰囲気ではなかったので先を急ぎました。

野反湖うらやまガイドIMG_3514_r

縄文杉まで4時間半弱でとうちゃこ。

あとで地元ガイドさんに聞いたら、

今日縄文杉コースに入った登山者は200人くらいとのこと。

けっこう賑やかで、もっと静かに歩きたいなぁと思ったことが多かったのですが、

ハイシーズンには2000人以上とのこと。

混雑の様子を目に浮かべると怖いです。

野反湖うらやまガイドIMG_3550_r

トイレの混雑も心配してしまいます。

野反湖うらやまガイドIMG_3560_r

帰りのウイルソン株は一組の夫婦がお弁当を食べていただけで、

ひっそり。

ゆっくりと観賞出来てラッキーでした。

野反湖うらやまガイドIMG_3589_r

帰りは大きなザックの人たちと多くすれ違います。

みなさん、小屋泊りで縄文杉コースや宮之浦岳縦走コースをする人たちのようで、

ガイドツアーのグループが多かったです。

きっとその方が日帰りの人たちの混雑を避けてゆっくりと縄文杉を観賞できるのかも。

野反湖うらやまガイドIMG_3602_r

行きも長かったけど帰りも長かった。

縄文杉コースは往復22㎞。

それでも荒川登山口に午後2時半にとうちゃこ。

野反湖うらやまガイドIMG_3618_r

下山後は温泉へ。

今回の屋久島の旅ではほぼ毎日尾之間温泉でした。

単純硫黄泉の名湯です・・・

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す