さわやかチヤツボミゴケ冬景

野反湖うらやまガイドIMG_5413_r

冬型の気圧配置が続く中、

お昼ごろようやく穴地獄にも薄日がさし、上空に青空がのぞいています。

でも鉄鉱石を掘った大きなくぼみのような場所にあるチヤツボミゴケ君たちには、

なかなか太陽が届きません。

野反湖うらやまガイドIMG_5414_r

でもこうやって光が当たると、

純白の雪や温泉の水面の輝きとともにチヤツボミゴケグリーンがいっそう映えます!

野反湖うらやまガイドIMG_5408_r

春夏秋と山々の木々や花々の成長を背景にして、

チャツボミゴケ君たちはその度ごとに違った表情の鮮やかなグリーンを見せてくれます。

野反湖うらやまガイドIMG_5410_r

夏の間ほとんど見られなかった温泉大滝の裏側には、

いつの間にか壁びっしりにチヤツボミゴケが成長しています。

野反湖うらやまガイドIMG_5405_r

活火山の草津白根山の雄大な自然の懐に抱かれるようにして、

チヤツボミゴケ君たちは太古の昔から今もたくましく生き続けているのです。

野反湖うらやまガイドIMG_1509

こちら一昨年の1月の大雪の時のチヤツボミゴケ君たちの様子です。

野反湖うらやまガイドIMG_1515

なんといっても氷河時代も生き抜いてきたと考えられるチヤツボミゴケ君たちですから、

草津白根山の火山性のすっぱい温泉があれば大丈夫なんでしょう。

冬の生育調査でも1か月に2センチくらい伸びることがわかっています。

野反湖うらやまガイドIMG_1513

冬のチヤツボミゴケ公園も一期一会の出逢いです。

野反湖うらやまガイドIMG_1565

こんな風景はめったに見られない一期一会の出逢いです。

カテゴリー: エコツアー的, スノーシュー, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す