奥野反湖のサンビキ山バックカントリー2019MTB&SKI

野反湖うらやまガイドDSC_0175_r

忘れかけていた今年の課題が一つ達成できました。

昨年4月にサンビキ山に来た時に気になった、

サンビキ山北側稜線からブナの森が広がる千沢へと続く標高差3~400mの東面滑降。

野反湖うらやまガイドIMG_8594_r

サンビキ山は野反湖の奥に人知れずたたずんでいる登山道のない山。

積雪期ならスキーで、

三壁山から稜線伝いにいくつかの小ピークを越えて小一時間の距離。

野反湖うらやまガイドIMG_8571_r

でも無雪期は猛烈なネマガリタケ等の藪に泣かされること間違いなしです。

野反湖うらやまガイドIMG_8516_r

積雪期ならサンビキ山までの稜線からの展望はとても素晴らしいです。

振り返れば草津白根山、左に岩菅山~烏帽子岳の稜線が。

野反湖うらやまガイドIMG_8532_r

右に堂岩山や八十三山、大倉山。時には奥に白砂山も見えたり。

野反湖うらやまガイドIMG_8531_r

さらに行く手方向には佐武流山や苗場山、魚沼平野、笠法師山・・・

野反湖うらやまガイドIMG_8533_r

そして、野反湖を見下ろす展望が一番いい山は、

登山道のある山では三壁山が一番のお薦めですが、

登山道のない山でのお薦めはサンビキ山です。

野反湖うらやまガイドIMG_8564_r

思いもよらない4月の雪の恵みに、

2019バックカントリーシーズンはまだまだ楽しめそうです。

野反湖うらやまガイドIMG_8581_r

春は日も伸びてロングツアーが楽しめるのもいいです。

野反湖うらやまガイドIMG_8565_r

安全第一で楽しく!

野反湖うらやまガイドIMG_8600_r

実は帰りに一台がパンク!

泣きました・・・・

カテゴリー: エコツアー的, テレマークスキー, バックカントリースキー, マウンテンバイク, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

奥野反湖のサンビキ山バックカントリー2019MTB&SKI への4件のフィードバック

  1. 岡本博行 のコメント:

    ご無沙汰しております、所沢おかもとです。お元気そうで何よりです。
    私こと、この4月から、4年間の長旅を終え自宅に戻ってきました。引っ越し難民と化し、やっと荷物が届いて整理中でしたが、土曜日の天気に誘われ、片づけをほっぽりだしてカミさんと一ツ石に行ってしまいました。
    しかし、10時半というふざけた出発時間と、FとマイナスFがリアルに見える雪のおかげで、まったくたどり着けず、ボウルのふもとの小ピークでお弁当食べて帰ってきただけでした。それでも3か月ぶりのスキーは楽しかったです~。
    また機会があればよろしくお願いします。

    • 山雨海風 のコメント:

      4年間の長旅お疲れ様でした。帰還後まずはご夫婦で一ツ石へスキーツアーにお越しになられていたとはびっくりです。4月になってからの積雪でぐんま県境稜線の山々はまだまだ滑れそうです。そういえば過去を振り返ると、4月18日にバレンタイン尾根ルートで小高山往復をした年がありましたよ。今年はまだまだ雪あるので、たくさんスキーを楽しんでください。もちろんぜひまた遊びに来てください。こちらこそよろしくお願いします。

  2. 岡本博行 のコメント:

    ザラメだともっとスピードが出たかもしれません。ちなみにカミさんは下りもスノーシューでしたが、あんまりスピードは変わりませんでした(^^;。 快楽を求めるスキーより最短コースを歩く方が合理的ですねー。ホントはチャリンコで野反湖方面に行きたかったのですが、まだ組み上がってないのと、除雪作業中だとお邪魔そうなので、一つ石にしたところです。

    • 山雨海風 のコメント:

      そうでしたか、日曜日は除雪はなかったようです。でもそんなお心遣いに感謝します。ところでスピードとか合理的なのも結構ですが、ロマンを求めるテレマーカーはそんな野暮なことは言わないことにしましょう。今週高温になるようで雪解け進みそうですよ。どうもバックカントリースキーの賞味期限が早くなりそうなので、4月26日の道路開通式を待ってられないかも・・・お早めに!

コメントを残す