芳ヶ平湿地群山調査2019


野反湖うらやまガイドIMG_0499_r

渋峠からチャツボミゴケ公園まで標高差約1000mのトレッキングコースを山調査。

2月のBCガイド以来、久しぶりの渋峠です。

野反湖うらやまガイドIMG_6668_r

2月のBCツアーの時も寒かったけれど、

今日も朝方結構冷え込んだようで塔の池には氷が張っていました。

野反湖うらやまガイドIMG_0497_r

そんな厳しい環境ですが、日本標高最高地点の塔の池に生息する

ラムサール条約登録の芳ヶ平湿地群のモリアオガエル君たちの初鳴きは、

5月27日だったそうです。

野反湖うらやまガイドIMG_0504_r

渋峠からダマシ平まで毎年雪渓が遅くまで残る登山道ですが、

今年も予想以上に多かったので、6月中旬ころまでは注意が必要です。

野反湖うらやまガイドIMG_0513_r

ダマシ平から先は面白いことに雪渓の量が極端に少なくなって、

いつも苦労していた木道の階段もすっかり雪が消えているので安心してください。

野反湖うらやまガイドIMG_0514_r

これから雪消えした登山道わきにはたくさんの高山植物の花々が、

登山者の目を楽しませてくれるでしょう。

野反湖うらやまガイドIMG_0518_r

芳ヶ平湿原ではクロサンショウウオの産卵がたくさん見られました。

野反湖うらやまガイドIMG_0529_r

今年のワタスゲの見ごろはいつ頃になるのでしょう。

とても楽しみです。

野反湖うらやまガイドIMG_0547_r

標高差1000mのトレッキングコースは、

植生の変化とともに季節の変化もダイナミックに感じて、

トレッキングの楽しさを倍増させてくれます。

野反湖うらやまガイドIMG_0555_r

標高1800mの芳ヶ平湿原から、季節の進みは一気に加速します。

野反湖うらやまガイドIMG_0559_r

ミネザクラ、コヨウラクツツジ、オオカメノキ、アズマシャクナゲ、

ムラサキヤシオツツジなどが咲き始めていました。

野反湖うらやまガイドIMG_0564_r

また登山道沿いには、ミツバオウレン、ツマトリソウ、イワカガミ、チゴユリが。

野反湖うらやまガイドIMG_0589_r

カラマツの新緑がこれから見ごろとなる大平湿原から八石山周りで平兵衛池へ。

野反湖うらやまガイドIMG_0596_r

ちょうどお昼過ぎの時刻でしたが、どうやら殺生ゲートが開いたようです。

5月18日から道路閉鎖になっていた志賀草津道路が久しぶりに通行できるようになって、

今週末からは渋峠に行きやすくなって一安心です。

野反湖うらやまガイドIMG_0601_r

チャツボミゴケ公園では今レンゲツツジが見頃です。

野反湖のシラネアオイも今ちょうど見頃なので、

今週末土日はセットでお花を楽しむのにグッドタイミングのようです。

野反湖うらやまガイドIMG_0640_r

中之条町観光協会のラムお散歩ツアーノゾリチャツお散歩ツアーは、

旅なかのじょうで募集しています。

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す