ミヤマモンキチョウ追っかけ隊@芳ヶ平湿原2019

野反湖うらやまガイドIMG_4027_r

渋峠から芳ヶ平湿原へ下る登山道沿いは、知る人ぞ知るモミジカラマツロードです。

野反湖うらやまガイドIMG_4026_r

今年は遅くまで残雪があったので開花が遅かったのですが、

ちょうど今が見頃です。

野反湖うらやまガイドIMG_4029_r

さて梅雨明けして本格的な夏山シーズンの芳ヶ平湿原ですが、

今回は、群馬県の天然記念物にも指定されている高山チョウの

ミヤマモンキチョウを二日間にわたって追っかけるお仕事でした。

野反湖うらやまガイドIMG_4161_r

ミヤマモンキチョウって、ほんと美しいチョウです。

羽化したチョウは、この時期クロマメノキの葉っぱに産卵するんだそうです。

野反湖うらやまガイドIMG_4136_r

ハナニガナや鬼アザミの花を盛んに吸蜜していました。

クロマメノキの葉っぱに付いたこの虫はミヤマモンキチョウの幼虫でしょうか。

野反湖うらやまガイドIMG_4072_r

高山植物はというと、ワタスゲもまだ残っていましたが、

サギスゲが遅れて今がちょうど見頃でした。

野反湖うらやまガイドIMG_4080_r

モウセンゴケが活動を活発化させていましたよ。

よーく見たらコバエが餌食になっています。

他にはイワショウブやコバギボウシが咲き始めていました。

野反湖うらやまガイドIMG_4119_r

こんなのにも驚かされました。

2mもあろうかという青大将の抜け殻です。

野反湖うらやまガイドIMG_4124_r

カルガモ君一家は1羽減っていましたが、皆さん元気にえさを探し求めていました。

野反湖うらやまガイドIMG_4156_r

今までこんなにゆっくりと腰を落ち着けて芳ヶ平湿原を観察したことがなかったので、

新しい発見がたくさんありました。

野反湖うらやまガイドIMG_4127_r

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す