見る・触れる・体験する環境学習研修講座2019

野反湖うらやまガイドIMG_4503_r

ときおり涼風が肌に心地よいチャツボミゴケ公園の森を、

幼稚園から高校までのたくさんの先生方と一緒に歩きました。

野反湖うらやまガイドIMG_4507_r

旧スキー場スロープでは、

ギラギラ太陽に透かされたダケカンバとシラカバの葉っぱをそれぞれ観察。

野反湖うらやまガイドIMG_4505_r

葉っぱが手元まで届く枝を探して手に取って詳しく観察する先生も。

野反湖うらやまガイドIMG_4508_r

チャツボミゴケ公園の森の中の登山道を散策しながら、

子供たちが気軽に自然と触れ合える体験がたくさんできることを伝えました。

野反湖うらやまガイドIMG_4506_r

鉄鉱石を露天掘りした鉱床の露頭も間近で観察。

野反湖うらやまガイドIMG_4517_r

先生方からため息が聞こえてきます。

2万年以上の時空の距離感が縮まったような感覚を、

肌で感じていただけたのかもしれません。

野反湖うらやまガイドIMG_4512_r

この場所は冷房の効いたシャトルバスに乗っていては訪ねることができません。

野反湖うらやまガイドIMG_4514_r

そしていよいよチャツボミゴケの群生が見られる温泉大滝へ。

野反湖うらやまガイドIMG_4529_r

まだまだ神秘のベールに包まれて謎の多いチャツボミゴケですが、

いろいろなこともわかってきました。

野反湖うらやまガイドIMG_4530_r

チャツボミゴケを中心とした大きな生態系として見ると、

もっと面白くなります。

野反湖うらやまガイドIMG_4536_r

鉄がつくられている湯滝下の淀みです。

バイオミネラリゼーションが今も見ることができる貴重な場所として、

穴地獄周辺は国天然記念物に指定されています。

野反湖うらやまガイドIMG_4535_r

梅雨明けからまだ2週間ほどしか経っていませんが、

それまで勢いが良かったチャツボミゴケ群生の蛍光グリーンの輝きが、

驚くほどあっという間に衰えました。

野反湖うらやまガイドIMG_4564_r

やっぱりビロードの絨毯と形容される

蛍光グリーンの勢いのある穴地獄が見られないのは残念ですが、

環境学習的に訪れれば、様々な気付きの宝庫でもあります。

野反湖うらやまガイドIMG_4558_r

今回はさらに水池、旧太子駅も回りました。

ぜひたくさんの県内の園児さんや児童生徒さんたちに、

ラムサール条約芳ヶ平湿地群の環境学習を体験してもらいたいと思います。

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す