渋峠からぐんま県境稜線トレイルを歩いて野反湖へ

野反湖うらやまガイドIMG_5056_r

早朝の誰もいない静かな渋峠スキー場のゲレンデの中にある登山道から、

野反湖へ向けて約22㎞弱のロングトレイルのトレッキング旅がいよいよ始まります。

リフトの向こうに野反湖へと続く県境稜線の山並みが眺められます。

野反湖うらやまガイドmap_r

最初のピークである横手山山頂に祀られた山の神に安全祈願です。

そしてまた横手山スキー場のゲレンデの中を下って、

のぞき分岐からいよいよ登山道に入ります。

野反湖うらやまガイドデータ_r

今回のコースはなんといっても標高2152mの渋峠スタート、

標高1500mの野反湖へゴールですから、上りの少ない楽ちんコースのはずです!

野反湖うらやまガイドIMG_5091_r

でも実際の登山道は、

ぬかるみや大きな段差、草刈りが未整備で草藪に覆われている区間が多いなど、

そう簡単には歩かせてくれませんでした。

野反湖うらやまガイドIMG_5104_r

時々視界に現れる美しい景色に励まされ癒されながらひたすら前進です。

野反湖うらやまガイドIMG_5123_r

赤石山までは志賀高原エリアなので登山者の姿は多いですが、

ここから先はエスケープルートがほぼないといっていい県境稜線最深部です。

行くか戻るか決断が必要です。

野反湖うらやまガイドIMG_5128_r

午前9時半、赤石山山頂。

午前6時半にスタートした渋峠のある横手山が大きく眺められました。

野反湖うらやまガイドIMG_5132_r

仙人池も楽しみにしている美しい景色の一つ。

野反湖うらやまガイドIMG_5142_r

赤石山からの急な下り斜面で、

これから辿る大高山へと続く県境稜線が眺められました。

ところどころ根曲竹やイタドリの藪が登山道を覆っています。

野反湖うらやまガイドIMG_5158_r

ぬかるみも多いのですが、

何か所かミズゴケの群生が見られるなんて素敵な場所が実はあります。

だから登山靴よりも長靴が機能的だったりもしますが。

野反湖うらやまガイドIMG_5174_r

ダン沢の頭付近まで来ると、ガラン沢が一望できます。

野反湖うらやまガイドIMG_5175_r

ダン沢の頭午前10時36分通過。

野反湖うらやまガイドIMG_5183_r

小高山と大高山が間近になりました。

野反湖うらやまガイドIMG_5200_r

小高山を過ぎて大高山の上りで振り返ります。

太古の時代から続く収束と崩壊、侵食による群馬県境稜線の造山運動の手がかりの

一つとしてイメージすると、

小高山の崩壊が天狗平の湿原風景を造ったことがよくわかります。

野反湖うらやまガイドIMG_5201_r

大高山にジャスト正午に到着。

ここでお昼休憩。

野反湖うらやまガイドIMG_5222_r

そしてカモシカ平へ。

この個所は笹薮がひどくて藪漕ぎでしたが、まだ昨年ほどではないのでご安心ください。

野反湖うらやまガイドIMG_5234_r

高山チョウが寄ってきて、最後の上りを頑張れと励ましてくれてるようでした。

野反湖うらやまガイドIMG_5264_r

高沢尾根でついにゴールの野反湖が突然現れます。

きっと初めて歩くトレッカーはこの風景に感動間違いなしです。

午後2時半、野反湖キャンプ場ゴールでした。

途中避難小屋の五三郎小屋が地図に載っていますが、廃屋です。

経験者向きのコースです。

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す