群馬の湖を漕いで知床の海の思い出に浸る・・・

野反湖うらやまガイドIMG_5720_r

今年も気が付いたら大海原をガシガシとパドリングするチャンスもなく、

あっという間に暑い夏が過ぎようとしています。

思い返せば、雪代で満水だった初夏の奥利根湖を漕いで以来です。

野反湖うらやまガイドIMG_5718_r

小さなポニョの群れを覗き込みながら一抹の寂しさを感じます。

野反湖うらやまガイドIMG_5737_r

支流のバックウォーターにカヤックを着けて、少し沢を遡ってみました。

ポニョサイズよりも大きな魚の群れが泳いでいるのがわかりました。

追っかけてみたら、ウグイでした。

野反湖うらやまガイドIMG_5742_r

ダム湖の減水によって堆積する地層が剥き出しになっている場所がありました。

面白いです。

野反湖うらやまガイドIMG_5746_r

違う場所ではこんな岩壁も。

野反湖うらやまガイドIMG_5767_r

こちらは結晶がかなり大きいです。

地質の大先生に質問したいことがいろいろと浮かんできて困ります。

野反湖うらやまガイドIMG_5752_r

水が磨いた滝はどれもみんな、大自然が創り出すアートのようです。

野反湖うらやまガイドIMG_5775_r

今日のカヤックは、

カヤックの老舗ファルトピアで作ってもらったダブル艇、レットマンパシフィック。

野反湖うらやまガイドIMG_5750_r

1992年の夏と1998年の夏の二度、知床の海を漕いだ思い出の愛艇。

野反湖うらやまガイドIMG_5764_r

大迫力の知床の断崖の絶壁に響く海鳥の鳴き声や、

奴らの生臭い糞の臭いが思い出されます。

野反湖うらやまガイドIMG_5776_r

今では世界遺産の知床にまた行ってみたいですが、

気軽にいつでもサクッと漕ぎに来れる群馬、大好きです、最高ですね!

カテゴリー: エコツアー的, カヤック・シーカヤック, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す