長い冬に入る前の芳ヶ平湿地群トレッキング

野反湖うらやまガイドIMG_0002_r

今冬一番の冷え込みで、温泉大滝は今まで見たことない湯気の迫力。

芳ヶ平ヒュッテでは朝マイナス10度まで下がったそうです。

野反湖うらやまガイドIMG_0008_r

木道にはうっすら新雪が積もっていました。

野反湖うらやまガイドIMG_0017_r

いよいよ冬季閉園が明後日のチャツボミゴケ公園。

もう午前9時半というのにまだ僕たち以外誰も訪れる人がいないので、

この風景独り占めです。

野反湖うらやまガイドIMG_0026_r

霜柱もたくさんできていました。

氷のコケみたいです。

野反湖うらやまガイドIMG_0023_r

今日は芳ヶ平湿地群の登山道点検ということで芳ヶ平ヒュッテまで往復です。

午後3時くらいまでに戻ってこなければならないのですが、

新雪で滑りやすそうなので早く歩けるかちょっと心配です。

穴地獄9時40分出発。

水池9時55分通過。

野反湖うらやまガイドIMG_0030_r

大池10時10分通過。

野反湖うらやまガイドIMG_0034_r

大平湿原10時44分通過。

野反湖うらやまガイドIMG_0037_r

桜清水付近からひときわ純白に雪化粧した白砂山が眺められました。

野反湖うらやまガイドIMG_0038_r

11時半、赤い屋根のヒュッテが見えました。

パスタランチまで時間があるので先に湿原を回ってきます。

野反湖うらやまガイドIMG_0051_r

新雪を纏ったばかりの冬の芳ヶ平湿原の風景です。

野反湖うらやまガイドIMG_0060_r

これから長い冬の間、雪の中に埋もれてしまうベンチです。

野反湖うらやまガイドIMG_0065_r

池塘の氷には風紋ができていました。

野反湖うらやまガイドIMG_0070_r

今度来るときはスキーでしょう。

そして芳ヶ平湿原は大雪原の風景に一変していることでしょう。

ヒュッテでパスタランチをしてゆっくり休んで、

午後1時20分下山開始。

野反湖うらやまガイドIMG_0073_r

帰りもデンジャラスな大沢川渡渉が待っていました。

凍っていたり新雪がのっていたりする上の岩を跳んで歩かなければならないので、

ドボンしたら最悪です!

野反湖うらやまガイドIMG_0079_r

そして、八石山手前で、先日の台風19号による倒木被害です。

登山道が3D状態?。

野反湖うらやまガイドIMG_0088_r

平兵衛池午後2時20分通過。

野反湖うらやまガイドIMG_0099_r

チャツボミゴケ公園には午後3時無事とうちゃこ。

いよいよ12月から4月中旬までチャツボミゴケ公園が閉園なのでご注意ください。

園内には入れません。

そうすると、芳ヶ平湿原へ行く場合は、近くの上信越自然歩道(長笹林道西山支線)の

ゲート付近から歩くことになります。

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す