うろこスキー&スノーシューで三壁山を雪山ハイク!

野反湖うらやまガイドIMG_2236_r

パウダーサーチの野反によると、雪不足な今シーズン、2月になってようやく1mほどの積雪になったようです。そして日が当たりにくい吹き溜まりでは先週末のパウダーがまだ残っていました。

野反湖うらやまガイドIMG_2247_r

それにしても最高のバックカントリー日和に恵まれました。例年なら湖を横断して最短ルートをとるところですが、今回はちょっと迷いました。温暖化と雪不足の影響で氷が薄いのではないかとビビッてしまいました。

野反湖うらやまガイドIMG_2252_r

でも標高1500mもある天空の湖ですから、池の峠から眺めながらやっぱり大丈夫だったかなと気持ちが揺れます。

野反湖うらやまガイドIMG_2268_r

ベースキャンプを設営して、ちょっと午後遅い時間になってしまいましたが、三壁山を目指します。山ガールゲストは、ここまでの長いアプローチはうろこスキーを履いてもらいました。でもここからはスノーシューで。

野反湖うらやまガイドIMG_2292_r

三つの壁があるから三壁山。第一の壁は急で登るのに苦戦しましたが、その後第2、第3の壁を元気に登り上げて振り返ると、素晴らしいパノラマが広がっていました。

野反湖うらやまガイドIMG_2310_r

苗場山や白砂山の眺めが素晴らしいです。

野反湖うらやまガイドIMG_2311_r

そして三壁山山頂午後4時20分。ギリギリの時間でとうちゃこです。約2時間弱かかりましたが、スノーシューでも帰りは速いでしょう。ところで山名標柱は例年なら完全に雪に埋まっていました。

野反湖うらやまガイドIMG_2318_r

ガイドはというと、カリカリなところも多少ありましたが、けっこういい雪が残っていて、帰りの滑降はなかなか楽しめました。

野反湖うらやまガイドIMG_2328_r

午後5時ベースキャンプとうちゃこ。僕たち以外誰にも逢わない静かな一日でした。

野反湖うらやまガイドIMG_2356_r

そして、翌朝の美しい野反湖の情景です。寒さも忘れて刻々と変わる空の色や、湖面を囲む山々の光と影のショーを眺めていました。

野反湖うらやまガイドIMG_2382_r

帰りは迷いを振り切って、横断してみました。スノーシュー女子のゲストもうろこスキーでの湖面横断なので安心です。

野反湖うらやまガイドIMG_2395_r

キツネの足跡も発見。

野反湖うらやまガイドIMG_2384_r

今年はこの先どんな雪の状況になるかわかりませんが、今のところ野反湖バックカントリーガイド大丈夫です。明日からも本格的な冬型の天気予報なので良かったです。

カテゴリー: エコツアー的, スノーシュー, テレマークスキー, 沢登り パーマリンク

うろこスキー&スノーシューで三壁山を雪山ハイク! への2件のフィードバック

  1. 所沢おかもと のコメント:

    おはようございます、所沢おかもとです。
    そういえば今年お初です、よろしく願います。

    最高の天気ですね!
    実はこの前の土曜日にカミさんと野反湖を目指しましたが、峠の爆風に撤退してしまいました。そこまではのどかで雪はパフパフでしたが、峠付近はカリカリで進めずに押し戻されてしまいました(泣)
    草津に泊まって、翌日は芳ケ平の下の斜面のちょっと重たくなった雪で遊んでました。
    今はずんずん積もっているのかな?これから挽回してくれるとありがたいですね。

    • 山雨海風 のコメント:

      岡本さん 今年もよろしくお願いします。コメントありがとうございます。そうでしたか、まだ新しいトレースがいくつか残っていましたが、その中に岡本さんご夫婦のものもあったんですね。野反峠は山田峠に並ぶ六合村の風の名所です。北風に押し戻されてしまったのは、大変でしたね。でも野反湖の絶景は一目見ることが出来たでしょうか。そして日曜日は芳ヶ平方面だったら、ニアミスだったんですね。笹藪が少し気になったことでしょう。今回の冬型でまたパフパフの雪が少しは積もってくれていると思います。まだまだ今シーズン、どうなるかわかりませんが、出来るだけ例年通り長くバックカントリーやスノーシューが楽しめるような年であってほしいです。

コメントを残す