2月半ばというのに春の気配プンプンな野反湖バックカントリーガイド

野反湖うらやまガイドIMG_2625_r

八間山山頂午前11時06分とうちゃこ。2月半ばだというのに春山気分なバックカントリー日和でした。陽射しはほとんどなかったのですが、風も弱くて温かかったので、登りではキャプリーンシャツ一枚でした。

野反湖うらやまガイドIMG_2638_r

山頂は、前回偵察で登った時よりも積雪が増えていましたが、それでも例年の半分かそれ以下でしょう。標柱はもちろん完全に埋没しているはずですが、今年は埋まっていませんでした。

野反湖うらやまガイドIMG_2641_r

山頂からは、薄曇りな天気ですがけっこう遠くの山が見渡せました。白砂山稜線の雪庇は相変わらず発達していない感じです。

野反湖うらやまガイドIMG_2640_r

谷川岳方面。

野反湖うらやまガイドIMG_2629_r

鳥甲山。豪雪で知られている秋山郷の山ですが、今年はどうなんでしょう?

野反湖うらやまガイドIMG_2652_r

ゆっくり昼食休憩して下山しました。

野反湖うらやまガイドIMG_2654_r

例年なら八間山稜線にも巨大雪庇が出来て、こんな風にとてものぞき込んだりできないのですが、今年はスッキリです。

野反湖うらやまガイドIMG_2655_r

八間山稜線から野反湖面へダウンヒルしているときに、ちょうど草津温泉のお昼の合図の放送が聞こえてきました。

野反湖うらやまガイドIMG_2667_r

湿気たモナカアイス気味なコンディションでしたが、この斜面が今日一番楽しめました。

野反湖うらやまガイドIMG_2663_r

今日のゲストさんはATスキーヤーとBCクロカンスキーヤーとうろこテレマーカーでした。

野反湖うらやまガイドIMG_2670_r

完全結氷した湖面ですが、昨日の暖かさで表面が融けたところは少し色が変わっているのがちょっと気味悪いです。でも恐る恐る湖面へ滑り込みました。

野反湖うらやまガイドIMG_2684_r

野反湖は標高約1500mのまさに天空の湖です。雪不足で暖冬な2020シーズンは、これからいつまでバックカントリーガイドができるかわかりませんが、今のところ当分大丈夫そうです。

野反湖うらやまガイドIMG_2687_r

下山は湖面を横断して十二山経由で弁天山下から滑り出しました。朝のクラスト気味な雪が融けてくれて今回はそれほどの悪雪ではなかったので、それなりに滑りも楽しめました。これからしっかりとザラメ雪なコンディションになるまで、いよいよ悩ましい季節かもです・・・

カテゴリー: エコツアー的, テレマークスキー, バックカントリースキー, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す