山ガール5人グループの賑やかスノーシューハイキング

野反湖うらやまガイドIMG_2721_r

暖かい日が3日間続いて、雪解けがどんどん進むチャツボミゴケ公園です。でもたっぷりと雪が残っているので、スノーシューを履いて歩かないとズボズボ潜ります。北斜面の急な下りではスノーシューを履いていても太ももまで潜ることがありました。ふかふかパウダーじゃなく春の雪でもスノーシューの有難味がわかるというものです。

野反湖うらやまガイドIMG_2740_r

午前の部、今日のゲストである山ガールグループさんたちは、穏やかなスノーシューハイキング日和に恵まれて、チャツボミゴケ公園の自然や歴史にとても興味を持って楽しんでくださいました。

野反湖うらやまガイドIMG_2743_r

ガイド一押しの絶景スポットでもある東屋でランチタイム。午後の部、ここからはプチアドベンチャーな水池コースです。急斜面の登りと下りがあるので、チャレンジするかどうか皆さん迷います。今日のグループはもちろんチャレンジです。

野反湖うらやまガイドIMG_2746_r

なかなかの急坂ですが、皆さん途中立ち止まることなく頑張りました。ここを過ぎれば、このあともう急な登りはないです。ゲストの皆さんにちょっと自信と余裕が出てきます。

野反湖うらやまガイドIMG_2752_r

平坦な歩きになると、皆さんまた、森の木々の様子に興味をもって、台風19号の強風で倒れたウリハダカエデの冬芽が膨らんでいることにも気付かれたり、ハリギリの幹のトゲトゲの成長の変化の様子に驚いたり、穴地獄の主である巨樹の迫力に圧倒されたりと、いろいろなことを観察しながら歩いていらっしゃいました。

野反湖うらやまガイドIMG_2754_r

そして辿り着いた水池です。やはり湖面に張った氷が大丈夫か心配になるような雪の少なさです。間隔を広く開けて一人ずつ渡りました。先日のスノーシューハイキングの時のトレースが赤く染まっています。

野反湖うらやまガイドIMG_2757_r

雪解けの尾瀬で有名な赤シボがここでも見られるようです。このところの暖かさでいったん雪の上に水溜りが出来たためにこのような現象が起こるのでしょうね。今回僕も初めて気付きました。

野反湖うらやまガイドIMG_2762_r

そしていよいよお待ちかね、尻滑りができる急斜面の下り坂です。

野反湖うらやまガイドIMG_2769_r

ちょっぴり恐怖心を感じる高度感が、童心の頃の冒険心を呼び覚ましてくれるのでしょう。老若男女、誰もが子供になって夢中になれます。

野反湖うらやまガイドIMG_2775_r

今回のツアーで今年はすでに15回開催できました。この先のスノーシューハイキングですが、来週またこの冬一番の寒気がやってくるという天気予報なので、今のところ大丈夫そうです。チャツボミゴケ公園スノーシューハイキングのお問い合わせはこちらからどうぞです。

カテゴリー: エコツアー的, スノーシュー, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す