野反湖のスプリングエフェメラル2020

あっという間に雪が融けちゃった野反湖です。これから一気に花の季節へと進んでいきそうです。例年ならまずは5月中旬くらいからシラネアオイが咲き乱れて、たくさんの方を喜ばせてくれるはずなんですが、今年は5月いっぱいは遊歩道は閉鎖するとのことで仕方ないですね。

今のところ6月1日から遊歩道を開放するとの情報です。シラネアオイ鑑賞は6月になってからになりそうです。魚釣りの自粛要請解除も6月1日からの予定だそうです。野反湖へお出かけの場合は必ず正確な情報収集をしてからが良いと思います。

昨日は群馬県境稜線トレイルの登山が6月以降どれくらいできるようになるか今のところわかりませんが、登山再開に向けて各関係機関の方々との打ち合わせを行ってきました。コロナ感染拡大がこれから良い方向に向かっていくことを願うばかりです。

明るい兆しも見えてきて、6月7月にはポツンポツンとガイドのご予約やお仕事の話も入り始めました。これからはガイドとゲストさん双方がコロナ対策をしっかり準備してのツアーになることでしょう。いろいろと試行錯誤もあるかもですが、ガイドに限らず感染症対策が必要不可欠な社会生活の基本になるんでしょうね。

ヒメイチゲを見つけました。今年野反湖で一番最初に見た花です。ショウジョバカマはまだ蕾のものが多かったです。

雪が融けて現れた小さな池にはクロサンショウウオも産卵活動を始めているようです。

GW前の4月24日の八間山からの野反湖は、まだこんなに残雪が多かったです。この時期は、2週間たつと見違えるほど景色が変化するんですね。

白砂山も真っ白でした・・・

カテゴリー: エコツアー的, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す