ラムサール芳ヶ平湿地群トレッキングガイド偵察2020

昨日に続いて今日は渋峠から芳ヶ平湿原までの登山道の様子を偵察してきました。ここ数年の様子を調べてみたところ2017年5月は残雪が多かったようで、今年もそれくらい多い年のようです。渋峠からダマシ平上部までは、まだまだびっしりと雪に覆われたままですから。

一般登山者が安全に歩けるようになるのはどうやら6月中旬以降でしょう。雪渓を登山道と間違えて笹薮の迷路で困ったり、木道の階段でスリップや雪の踏み抜きをして転倒したりと、遭難事故や怪我などの危険があるので雪がなくなるまで要注意です。

オオシラビソの幼木が姿を現しました。体操選手のようにしなやかな体は、長い冬の間ずっと重い雪で横に倒されていました。いよいよこれから雪がなくなれば、突然すっくと起き上がって太陽の日をいっぱい浴びることのできる、普通の生活に戻ることでしょう。

それにしてもオオシラビソの球果がすべてホシガラスでしょうか、食べられちゃっています。どこもかしこもでした。

トレッキングガイドで紹介している「ダマシ平のイヌワシの巣」です。カラマツの木に見事でしょ!イヌワシの巣は嘘ですよ・・・

イヌワシの巣のカラマツのそばにこんな岳樺も見つけました。雪に押しつぶされても地を這うように幹を伸ばしています。なんというたくましさ。

僕たちが賑やかに降りてきたのでびっくりして逃げて行ったカモシカ君の足跡です。ニホンジカとの違いがはっきりとわかります。昨日はニホンジカが野生クレソンを食い荒らした場所をみつけました。最近芳ヶ平湿地群にもニホンジカが現れ始めています。尾瀬のようにならないよう見守っていかなければと思います。

標高1800mの芳ヶ平湿原にシラカバの木があります。周りは岳樺ばかりなので、孤独のシラカバとかってに呼んでいますが、変わり者ですね。

昨日も一羽で泳いでいましたが、今日も一羽でした。ひょっとしてどこかの巣で母鳥が卵を抱いているのでしょうか?昨年は12羽だっけ、子カルガモを引き連れて泳いでいる姿を見ることが出来ました。今年も訪れる人を笑顔にしてくれる愛嬌者たちです。

今日は誰も訪れることのない静かな芳ヶ平湿原でした・・・

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す