新緑の松岩山&高間大黒天2020

藪山ファンが多い松岩山と登山口の案内板に書かれていました。昨年NHKほっとぐんま640の群馬の山で紹介してもらったからでしょうか、以前よりも踏み跡がしっかりできていたような気がしました。歩く人がまれにあるようです。ただここでも昨秋の台風による傷跡があって、大きな倒木が2か所登山道をふさいでいました。

ところで藪山ファンの方には申し訳ないのですが、今回の松岩山は藪漕ぎが全くなかったです。盛夏の頃ならば薄暗い森の小道も、今は新緑が眩しいくらいの明るい森の中に続いています。

まずは山頂へ。野反峠とサンビキ山が樹林越しに眺められましたが、こんな感じで山頂からの展望はさほど良くないのが残念です。松岩山からの展望を楽しむならぜひとも案内板にあった天狗岩や十二様山へ寄り道することをお勧めです。

こちら十二様山からの絶景です。そして十二様山が祀られている小さなピーク周りにはいろいろなツツジ類やシャクナゲなどの低木の木々に覆われ、ご神木と思われる古い立派なゴヨウマツがあります。

昔から山仕事に従事する里人たちに大事にされてきた場所かなということが感じられます。

振り返ると先ほど登ってきた松岩山頂が見えます。十二様山は往復20分もあれば行ってこれますが、急坂の上り下りがあるのでパスしてしまいそうになりますが、頑張って行ってみて後悔はしないはずです。天狗岩は十二様山に対してかなり楽に行ってこれるのでぜひ立ち寄ってほしい展望台です。

天狗岩からの絶景も十二様山とまた違う感じで草津白根山を楽しめます。

芳ヶ平湿地群もだいぶん残雪が少なくなりました。

新緑のグラデーションが素晴らしい松岩山を午前中歩いた後、午後は暮坂峠から高間大黒天への昔の道を歩いてみました。こちらは藪山ファンにお勧めかもです。

杉の植林地の中にポツンとこんな看板を発見。最近誰かが見つけて目印が付けられていたので、僕もわかりました。高間大黒天が当時けっこうな参拝者があったことを窺わせてくれような道標です。今回これを見つけることが出来ただけで大収穫でした。

高間大黒天はこの自然の大岩が大黒様に見える人だけに御利益があるとのこと。

いかがですか・・・

こちらのお馴染みの馬頭観音が藪の中で倒れていたので元に戻しておきました。残念なことにどうやら伐採作業が近くで行われていて、新しい作業道の開削によって一部古道が荒れていました。初めて歩く人は迷いやすいかもです。

松岩山は世立八滝と合わせてたくさんの方に歩いてほしいお勧めの山でしたが、暮坂峠から高間大黒天への古道ルートは荒れ方がひどいので紹介するのはちょっと難しそうです・・・

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す