白砂山~八間山縦走トレッキング2020新緑

雪代も終わり梅雨入り前のハンノキ沢。涸れ涸れです。快晴に恵まれた白砂山稜線トレイルでは、僕たち以外10人のトレッカーと出逢いました。

途中昨秋の台風19号の傷跡が何か所か残っていましたが、心配するほどではないです。一番ひどいのが八間山からの裏ルートで池の峠駐車場へ下りていく登山道の途中2か所、ひどい倒木で登山道が塞がれています。でもここはピンクテープを設置してあるので、ちゃんとピンクテープ通りに歩けば大丈夫です。

上の写真が2か所のうちの一つです。写真ではひどい状況だという様子があまり伝わらないですね。

それから例年通りに残雪で道迷い遭難を起こしやすい場所がまだ3か所ほどあります。ピンクテープを設置しておいたのでこちらも目印を見落とさないようにすれば大丈夫です。まずは水場から堂岩山の間です。登りも下りも踏み跡がなければ初めて歩く人は迷う場所です。二つ目は堂岩山山頂付近です。そして三つ目は金沢レリーフ手前です。まぁ、あと一週間くらいで残雪も少なくなるので、時がたてば解決です。

ところで10人のトレッカーのうち一組二人連れの方々は三国峠からムジナ平避難小屋泊の方でした。小屋泊は快適だったとのこと。僕もいつか。

この時期、お花も結構楽しめました。派手なお花はまだですが、小さなお花にはたくさん逢うことが出来ました。ヒメイチゲとナエバキスミレは堂岩山から八間山の稜線でお花畑が見事でした。シラネアオイも野生のものが今見頃でした。

それからイワナシやミツバオウレン、ショウジョウバカマ、タケシマラン、エンレイソウなどもいろいろな場所で開花していました。

そうそう白砂山稜線では山桜にも逢えました。

白砂山稜線のハクサンシャクナゲはいよいよこれから咲きそうです。シラネアオイはまだもうちょっとって感じですね。

朝7時前に白砂山登山口をスタート。白砂山山頂には10時過ぎ着。下山は八間山経由で14時過ぎゴール。だいたい健脚向きの7~8時間のコースでした。

上の写真は白砂山頂から谷川連峰へと続く稜線トレイルです。白砂山トレッキングはぜひ天気の良い日にお勧めです。天候不安定だと雷やゲリラ豪雨が怖いです。逃げ場がないので。

今日みたいな日に恵まれれば最高に楽しめます・・・

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す