残雪の山と新緑とカヤック2020

頑張って稜線までスキーを担いで登れば、滑りが楽しめそうなラインがいくつかありそうです。パドリングしながら奥利根源流の残雪の山々にうっとり・・・

今日はコツナギ沢を目指しました。フジタの2人艇時代によくキャンプツアーしたところです。懐かしいです。バックウオーターの様子は当然昔とは違っていますが、微妙に当時の面影もあります。ただ今はキャンプ禁止だからでしょうか、何となく荒涼とした感じがしました。

上陸休憩して、まだ雪渓も残るバックウオーターの小さな斜面にカタクリの花の群生を見つけました。そういえば今年はまだカタクリの花に出逢えなかったので、明日からもう6月になろうというこの時期に出逢えてとても新鮮に感じました。

さっきまでベタ凪だったのがいつの間にか今日もまた風が強く吹き始めてきました。この後奈良沢や幽ノ沢のバックウオーターに寄り道する予定でしたが、帰りが心配なので早々に退散することに。

標高850mの山上ダム湖である奥利根湖は、当然ですが標高1500mの野反湖より新緑がかなり先に進んでいて、ナナカマドの花もいよいよこれから見頃になるようです。

次回はぜひ奥利根本流のバックウオーターへ訪れてみたいです・・・

カテゴリー: エコツアー的, カヤック・シーカヤック, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す