爽やかな高原の風と滝の涼風2020

梅雨の晴れ間に恵まれた今日の野反湖。目に眩しい新緑と初夏の風が爽やかで気持ちいいです。このところ野反湖での仕事が多いので、雨が降ったり陽が射したりしながら毎日少しずつ変化していく野反湖の風景を今年は楽しめています。

レンゲツツジが今見頃な野反湖です。緑の笹原にレンゲツツジの朱色がいっそう鮮やかに映えます。コマクサも八間山登山道わきのガレ場で5分も歩けば楽しめます。また野反峠の草原ではカラマツソウが一斉に咲き始めそうです。

午後は世立八滝を周ってみました。今日はいつもと違うアングルから写真を撮ってみました。殺人の滝です。先週末の雨で水量が増えて迫力のヒョングリです。ヒョングリ滝とは跳ねる滝のことです。

可愛い花にも逢えました。暗い森の中にニョキニョキと出始めていました。

梅雨って感じの花も見られました。

こちら段々の滝です。夏至近くの強烈な陽射しが滝を暗がりの中から照らし出してくれていました。仰ぎ見ると岩壁に天狗の足跡です。ハチの巣がイボみたいに足の指にくっついていました。

ところで、ここまでたどり着くのは結構大変です。急斜面につけられた遊歩道はちょっと荒れていて歩きにくいので、雨の日や風の日はスリップ転倒や上からの落石などには十分注意が必要です。世立八滝巡りをする方は十分に注意して歩かれてください。

最後に仙の滝で癒されました。仙の滝の岩壁にイワタバコの花が咲くころにまた訪れてみたいです・・・

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す