野反湖西岸湖畔道トレッキングガイド2020

野反ダムから野反湖です。今日のトレッキングガイドゴールである富士見峠(野反峠)が反対側に見えます。6月の強い陽射しが野反湖ブルーに深み与えてくれて、周りの山々の緑の輝きをいっそう引き立ててくれているようです。

釣り人たちも大物との出逢いを信じて早朝からたくさん湖岸に並んでいました。まったく野反湖のワイルドな自然の風景に溶け込んでいます。

昭和30年代に設置された案内板かと思います。今日もたくさんのキャンパーが野反湖キャンプ場に訪れていますが、30年代当時もそうとう賑わっていたようですよ。年配の方が10代から20代の頃にキャンプに来たことがあるというお話を時々聞いたりします。

今日もゆっくりお散歩ペースでのトレッキングガイドです。たくさんの生き物やお花たちに出逢えました。

今レンゲツツジが見頃ですが、テンバのお花畑のレンゲツツジが野反湖では一番のお薦めです。

花も大きくて鮮やかなようにも感じるのは、やはり背景の野反湖ブルーが引き立ててくれているからでしょうか。

そして色とりどりの花たちが咲き乱れる中で、花に集まってくるのは僕たち人間だけじゃないです。様々な虫たちも花の周りに集まってきています。生気に満ち溢れている野反湖の大自然をいっぱいに感じながら歩きました。

途中たくさんの人たちとすれ違ったり追い抜かれたりしたので、コロナ自粛解除によってほんとうにたくさんの方が野反湖の大自然を満喫されていることも実感しました。

半周コースなのでゴールの野反峠で14時49分のバスに乗って、スタート地点の白砂山登山口に戻ります。運賃は310円です。バスの中での会話もまたちょっとした山旅気分が味わえました。

明日は今日の続きで野反湖東岸湖畔道トレッキングガイドです。ゲストさん、今夜はゆっくり六合の里温泉郷の温泉でトレッキングの疲れをゆっくり癒してください。

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す