碓氷峠アプトの道2020

朝出発前、大女将から宿の昔話をゆっくり聞かせてもらいました。金湯館は鉄道が横川まで開通した時代の明治の政治家や文化人が泊まった宿として有名です。また森村誠一の小説が映画になって大ヒットしたゆかりの宿です。でもそれよりも興味深かったのが、素朴な山のいで湯として昔からずっと変わらないで今もあり続けていることが大女将の言葉の端々から感じられたことでした。

ロビーがある建物をずっと支え続けてきたヒノキの柱も大女将と僕たちの会話に加わって今にも語り始めそうです。

埃をかぶった古い写真からホイホイ坂の名の由来は駕籠かきがホイホイ掛声をかけながら担いできたからという話にも納得です。

今日は鼻曲山も頭にあったのですが、天気が悪かったこととラッキーなことに横川駅から旧道周りの軽井沢駅行きバスが季節ダイヤで運行されているようなので、アプトの道を歩いてみることにしました。11時10分に横川駅を出発して熊の平駐車場に11時半過ぎに到着。廃線になった信越線熊の平駅から横川駅まで廃線跡にアプトの道が続きます。

明治時代の日本が近代化していく激動の時代の雰囲気を、最大勾配66,7パーミルの鉄道の歴史を通じて感じることが出来ました。そしてトンネルや橋の褪せたレンガ色と碓氷の山々の緑とのコントラストも癒されました。

またトンネルの中の閉塞された暗い空間を歩くのも面白いです。屋久島のトロッコ軌道を想い出します。

ちょうどお昼過ぎ、看板につられました。

峠の力餅とソースカツどん。どちらもやっぱり素朴な味わいを楽しめました。

玉屋ドライブインから少し進むとくつろぎの湯という施設があり、土日はそこから横川駅までトロッコ列車が運行されています。残念ながら今回は平日なので乗れませんでした。ここまでで歩き疲れた方にとってはとてもありがたいですね。

午後2時半ころ、横川駅に着きました。アプトの道は、途中でお昼を食べたりしても3時間余りで歩ける下りベースのななかなか楽しいコースでした。

残念ながら楽しみにしていた横川駅にある鉄道文化村も火曜日で休館でした。アプトの道も平日とはいえ空いていたのは火曜日だったのもあるかもですね。

そのあともう一つ近くの稲村山登山口の様子も訪ねてみました。山頂からは妙義山や浅間山の展望が良く1時間もかからないで登ることが出来る山です。

2018年5月21日の稲村山山頂からの浅間山です。

こちら妙義山方面。登山口は碓井バイパスの途中から遠入川沿いの道に登っていくのですが、案内標識が全くないので初めての人は絶対わからないでしょう。

駐車スペースも山と高原地図には2台と書きましたが、今回材木が置かれていて1台やっと止められるくらいでした。

今回の山旅エリアの濃いレトロ感は、若い世代の登山者にとってはどんな風に感じるのかな?興味深いです・・・・

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す