イエロー&グリーンどちらも最高!ノゾリチャツお散歩ツアー2020

今日のゲストさんは4月から予約していただいたのですが、野反湖のニッコウキスゲとチャツボミゴケ公園の最高の見頃をWゲットで大当たりです!

さらにニッコウキスゲだけでない梅雨時期のたくさんの花々も愛でることもできました。

ただ、このところ降り続いている雨の仕業で富士見峠から湖畔を周る登山道がぬかるんでいるのと笹薮の伸びが早くて、下半身がびしょ濡れになってしましましたが、ゲストさんはあまりのニッコウキスゲの素晴らしさに感動して雨の冷たさも厭わず歩いていただきました。

多分初めてガイド無しでゲストさんがこの野反湖へ来たとしても、 野反湖名物のこの濃い霧と、それに負けない笹薮も濃い登山道では、 何が何だかわからないのでとても自分たちで自由に歩けないでしょう。そんなわけでノゾリチャツお散歩ツアーに来てホントよかった!と喜ばれてこちらもうれしかったです!

今日のお昼は野反峠展望台売店でゲストさんがマイタケ蕎麦と肉玉うどん、僕がカレーうどんで冷えた体を温めました。心も体も温まって午後はチャツボミゴケ公園へ。

バスを降りて歩き始める時、このところの長雨で温泉沢の沢音もいつもより騒がしいく水量が増えているように感じました。大雨でチャツボミゴケが流されていないかな?と心配になりますが、温泉大滝の壁にへばりついているチャツボミゴケ君たちは元気そうでした。そして湯滝の下の群生地に訪れて思わず息をのみました。蛍光グリーンなチャツボミゴケが眩しいくらい鮮やかに輝いていました。

この色はチャツボミゴケ君たちが元気な証拠です。ゲストさんたちも感動です。

穴地獄のチャツボミゴケ君たちも見事としか言いようがないです。

コケは大地の傷跡を治してくれる絆創膏というのが僕のイメージです。例えばコケは崩壊地の土壌とかコンクリートとか屋根とか、ほかの植物がまだ根付くことができないような場所にいち早く繁殖して自然環境を和らげる役割をしてくれています。

穴地獄からは草津温泉と同じ鉄をも溶かす強酸性の温泉が湧き出ていますが、想像以上にたくさんの生き物たちが共存共生しています。このチャツボミゴケ君たちが大きな役割をしていることは間違いないでしょう。

時々本降りになったりで傘を差しながらのガイドでしたが、ゲストさんはチャツボミゴケの知られざる深ーい話を興味深く聴いてくださりました。そしてまたもやノゾリチャツお散歩ツアーに来てよかった!を連発していただきました。

カツラの葉っぱに雨のしずくが球状にくっついて輝いていました。こんな美しい光景はやっぱり雨の日しか出逢えないですね・・・

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す