アキアカネ乱舞する稜線トレイルは花盛り2020

長い梅雨からようやく解放されて、今朝は御覧のようにすっきりした青空が白砂山稜線上空に広がりました。気持ちいい! そして雲海が広がっていました。

振り返ると八十三山が斜光に輝いていて、こちらから眺めるとなかなかかっこいい山です。

谷を深く削っている渋沢からそそり立つような山容は、野反湖から眺める黒木に覆われた八十三山とはまったく違う表情を見せてくれます。

堂岩山から猟師の沢の頭、金沢レリーフまでの稜線区間は、ハイマツやシャクナゲ、ツツジ類を中心にたくさんの種類の矮小低木類の中を縫うようなコースです。稜線トレイルの中でも特に豊かな自然が楽しめるお勧めトレイルだと思います。

野反湖を朝5時過ぎに歩き出して白砂山山頂7時半過ぎ通過。それほど藪が伸びているわけないですが、早朝一番の登山者は草藪にたっぷりな朝露払いをしなければならないという覚悟が必要です。天気が良くてもレインウエア上下は必携ですよ。

白砂山を過ぎて三国境を付近から稜線トレイルが谷川岳へと遥かに続いていくのがわかります。ここからも群馬県側に切れているザレ場や草原は様々なお花畑が見られます。長野県側は全く対照的な植生でびっしりとこれまた様々な矮小低木類で覆われているのが、これぞ日本海側と太平洋側を分けている中央分水嶺の植生の興味深いところです。

朝日に輝く猟師の沢源頭斜面。八間山の右奥には浅間山が雲海に浮かんでいました。

午前9時過ぎ、一息つくために稜線トレイルから白砂山を振り返ります。右奥が白砂山。 上の間山の手前鞍部あたりからが今日の仕事場です。昨日は一日中ガスの中でどこにいるのかわからない不安な景色でしたが、今日は気分いいです。

もうすぐ上の間山2033m。猟師の尾根の頭から上の間山の稜線上の群馬県側には、高山植物が咲き乱れるお花畑が随所に見られてとても楽しいところ。登山道脇にミヤマコウゾリナが昨日は真っ黒な蕾だったのに今日は見事に満開でした。

ニッコウキスゲやコキンレイカ、イワオトギリ、ミヤマアキノキリンソウ、キオン、ハナニガナ、マルバダケブキなど黄色い花だけでもたくさんの種類が見られました。

上の間山から赤沢山そして忠次郎山へと続く稜線。お昼近くになって群馬県側からガスが湧き始めてきました。下界では30度超えとラジオで伝えていたので、雷雨がちょっと心配になります。無理しないで午前11時半作業終了。

帰りに上の間山でキンコウカのお花畑を発見。今年もまた見ることができました。この辺りの稜線は群馬県側に大きな崩壊地形がみられることから、かつては湿地っぽい場所だったのでしょうか。

帰りは白砂山12時20分通過。今日は30人以上が白砂山登山を楽しまれたようで、登山道で何グループの方とすれ違ったりしました。

昨日まで今年はアキアカネの大きな群れが少ないなぁと思っていたのですが、どっこい大乱舞です。梅雨明けとともに大群が押し寄せて来てくれました。アサギマダラやアゲハ蝶などチョウ類も負けずに花から花へと優雅に舞っていました。

堂岩池では今年もクロサンショウウオのオタマジャクシが観察できました。白砂山登山口午後2時半無事とうちゃこ。まだ雷雨の夕立にはなりませんでしたが、来週あたり台風が接近する季節になると稜線トレイル上での雷雨が心配です・・・・

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す