紅葉のエビ山縦走トレッキング2020

今年の紅葉がパッとしない感じなのは、ナナカマドが良くないのが大きく響いていると感じています。今日のトレッキングコースの出発点、野反峠のナナカマドがこんな感じです。この後楽しみにしていたエビ山山頂のナナカマドの紅葉もやはり同様でした。野反峠午前10時過ぎ出発。

でも弁天山のドウダンツツジは例年までは行かないまでもしっかり色付いていて、ゲストさんを喜ばせてくれたので一安心です。

花の季節はもうほとんど終わって、マツムシソウやオヤマリンドウ、ミヤマアキノキリンソウなどが登山道脇にポツンポツンとあるくらいでしたが、エビ山の急坂でアカモノの小さな花がいくつかあってびっくり。ゲストさんとともに登りの苦労を忘れさせてくれるひとときでした。エビ山山頂午後12時40分到着。

台風が遠ざかって雨も止んでくれて、曇りの日ながら静かなトレッキングが楽しめる一日でした。エビ山山頂はけっこう広いので14人の団体さんと一緒になりましたが、何とか三密にならずにゆっくりお昼休憩。晴れていれば360度のパノラマが楽しめたのですが、今日は残念ながらガスで視界不良。白砂山稜線もちらっと頭を出しているのが見えるのですが、これでは白砂山山頂もガスで視界不良かな。

昼食後エビ山から第2キャンプ場へのコースに降ります。エビの見晴らし台でガスが切れて眼下に野反湖が見え始めました。今日は標高1700m以上に雲がかかっている感じの一日だったようです。

昨日は台風が最接近したのでキャンプした人はまさかいなかったと思いますが、今日は日曜日の午後というのにこれからキャンプする人で結構にぎわっていました。

野反湖畔午後2時20分到着。野反峠から弁天山、エビ山を登ってキャンプ場まで縦走してくる今日のコースは、湖の対岸の八間山や茅野尾根の紅葉も存分に楽しむことができ大満足のトレッキングコースでした。

ダムサイトから千沢側の見事な紅葉。さらに池ノ峠もいい感じでした。

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す