初冬の白砂山トレッキングガイド2020

夜が明けるとすっかり雪化粧した山々に朝日が当たり赤く染まり始めました。いよいよこれから最も山が美しく輝く野反湖大劇場が始まりました。刻々と変わる山々の表情にただ息を呑むばかりでした。

大劇場の時間が過ぎると夜明け前の静けさに再び戻っていました。広い駐車場はカチコチに凍っています。今日は道路の凍結が危険なので野反湖に上がってくる登山者の車は少ないだろうと予想していましたが、見事に外れました。

8時半過ぎ、白砂山登山口をスタート。10時16分堂岩山通過。この時間だと樹氷を纏った白砂山稜線が綺麗に眺められましたが、もっと朝早い時間なら笹原の緑も白化粧していたかもです。

渋沢を眼下に見下ろせる場所では白砂山から佐武流山へと続く稜線の様子がよくわかります。でもまさか下山中にこの稜線を藪漕ぎして苗場山へ抜ける登山グループとすれ違うなんて夢にも思わなかったです。

歯ブラシにも見えるエビの尻尾です。残念ながら午後を周ると気温の上昇で次々とエビの尻尾が剥がれ落ちる音が聞こえてきました。

猟師の沢の頭からの白砂山です。目を凝らすと山頂を目指す登山者の姿が点々と見つかりました。

午前11時15分白砂山頂着。山頂ではすでに登頂して景色を楽しんでいる登山者が数人いました。登って来た道を振り返った景色です。北アルプスの稜線も今日は良く見えます。

目を凝らせば横手山の右に槍ヶ岳もわかります。山頂の皆さんは気付かなかったようで、びっくりして喜んでいました。

苗場山はひと際目を引く山です。そして鳥甲山です。山頂の登山者の一人が10月初めに登って良かったと楽しそうに話してくれました。

特徴のある山はちらほらとわかりますが、360度見回すとほんとうにたくさんの山が見えます。白砂山山頂からはいったいどれだけの数の山が見えているんでしょうね。

今日は上の間山まで往復している登山者もいるようです。白砂山から上の間山へと続く稜線には一筋の白いロングトレイルが続いていましたが、そこには真新しい足跡がありました。

上の間山まで行った登山者は、今日白いロングトレイルを一人占めにしましたね・・・

帰りの登山道は、日が当たる場所では雪が融けてぬかるみや水たまりのひどい場所がありました。日陰では相変わらず雪が残っています。これからの季節は滑り止めの軽アイゼンや簡易ピッケルなどがあると心強いですね。午後1時半下山。

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す