晩秋のトレッキング&MTBガイドコース偵察2020

11月中旬に入ると里山でも紅葉シーズンの盛りが過ぎて、夏の間は日光を遮って木陰をつくっていたミズナラの森はすっかり葉を落として、ふかふか落ち葉の明るい森になります。

今日は北風が強くて時々雪もちらつきます。薄く雪が積もっているところありました。落ち葉の上に積もった薄い雪のせいで、急な坂では尻餅をつきそうになりました。

黒い塊がいくつも地雷の様に落ち葉の中にあるのを見つけましたが、これらは
ドングリを食べた古い熊さんの落とし物です。踏まないように気を付けないとですね。

高い山には雪雲がかかっていました。午後にも違うコースを偵察してみました。

目の覚めるようなカエデの紅葉に出逢いました。今週末もまだ楽しめそうですね。

コースの途中でイノシシ君に出逢いました。縄張りを荒らされた敵対心なのか突然の侵入者に対する好奇心なのか、いったん逃げて行ったと思ったら後からつけて来ます。そして近付いてこようとしました。ひょっとして突進してくるのかもととっさに判断して、自転車を盾にして身構えたら逃げていきました。

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, マウンテンバイク, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す