小春日和な奥利根湖カヤック2020

ブナやミズナラ、カエデの葉はみな落ちて、さらに県境稜線の山々も見事に雪化粧した奥利根湖を漕いできました。

今日は奈良俣沢バックウオーターを目指すことに。小春日和の穏やかな天気に恵まれて、青い空と白い山々が見渡せる素晴らしいロケーションです。

巻機山や牛ヶ岳からの稜線の山々にはけっこう雪積もってます。

こちら尾瀬の大白沢山方面でしょうか。バックカントリーの2021シーズンへの期待が膨らみます。

小一時間ほど漕いで奈良沢バックウオーターの入り江にとうちゃこ。釣りシーズンも終わりキノコ採りやワカサギ釣りの船も少なくなって、沢のせせらぎの音以外静寂に包まれていました。

透き通った流れに目を凝らして魚の姿を探してみましたが、一匹も見つかりませんでした。

ほんとうはブナの紅葉が盛りの時に来たかったのですが、冬枯れの森の風景もなかなかいいです。日当たりのいい岸辺では昼寝したくなる陽気です。

帰りはコツナギ沢のバックウオーターにも寄ってみました。

奥に聳える白い山は柄沢山から米子頭山の稜線でしょうか。

そして帰りにまた大白沢山と至仏山を左に眺めながらのパドリングを楽しみました。

カテゴリー: エコツアー的, カヤック・シーカヤック, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す