チャツボミゴケ公園スノーシュー ハイキング2021

来年2月に中之条町が独自に進めている観光支援策の如月キャンペーンのテレビロケのためチャツボミゴケ公園に行ってきました。僕の役割は如月キャンペーンの期間中に旅なかのじょうで毎年開催しているチャツボミゴケ公園スノーシューハイキングのPRでした。スノーシューの季節がすぐそこまで来ているんだなと実感しました。

受付終了後の3時過ぎに入園したので、他の観光客を見かけることはなく穴地獄はひっそりと静まりかえっていました。 昨年までと違って今年は台風被害がありませんでした。11月の半ばを過ぎてもさらに成長を続けているチャツボミゴケが観察できました。

温泉沢の流れの中で藻の様に見えるのはチャツボミゴケです。初めて来たテレビ局のアナウンサーさんは、地上の蛍光グリーンのチャツボミゴケと水中のモスグリーンのチャツボミゴケが同じものだとは考えられなかったそうです。こちらは当たり前のことなので確かにそう言われると別ものに見えて当然です。

御覧ください。昨年の10月の台風被害直後と比べると、違いにびっくりするでしょう。水中のチャツボミゴケはほとんど流されてしまいました。そして1年ちょっとで現在の藻のような姿まで成長したんです。

放送は群馬テレビ12月3日昼ポチ!の番組内だそうです。冬季休園中の静かなチャツボミゴケ公園で特別の入園許可を得て開催されるチャツボミゴケ公園スノーシューハイキングの募集は、旅なかのじょうから近々更新される予定です。

スノーシューツアーでは、初めての方でも安心してパウダースノーを楽しんでもらっています。

さらにチャツボミゴケの生態や群馬鉄山とチャツボミゴケのちょっと専門的な面白い話とかも、興味のある方にはツアーの中でお話したりもしています・・・

カテゴリー: エコツアー的, スノーシュー パーマリンク

コメントを残す