霧降の滝~吾嬬山@初冬のなかんじょ山巡り2020

日本国道最高地点にある芳ヶ平湿地群展望台から見える綺麗な三角錐の山は何ていう山だろう?って気になっている人はあんまりいないかな。中之条町観光協会に置いてあるラムサール条約芳ヶ平湿地群のパンフレットの写真をよく見ると、暮坂峠の山並みの向こうにはっきりと確認できるはずです。この山がなんていう山かわかる人は相当な山好きです。なかには富士山だと思っていた人がいました。 地図で調べて吾嬬山(かずまやま)だとガイドでは伝えてきましたが、今まで吾嬬山は登ったことがなかったのでどんな山か気になっていました。

こちら今日吾嬬山から逆に芳ヶ平湿地群展望台を眺めた写真です。枝越しに垣間見える一番右の山が横手山です。お互いはっきりと見えるということで、やはりこの三角錐の山の正体が吾嬬山であることを実感して、今までちょっと気がかりだった気持ちがやっとスッキリしました。

朝、芳ヶ平湿地群の山々は雪化粧。今日も素晴らしい青空の一日になりそうだったので初滑りもいいなと迷いながら、あまりにも近すぎて今まで歩いたことがない中之条の山巡りに出かけました。 林道アプローチなどはMTBの機動力を生かして、大岩の三叉杉と吾嬬山と石尊山の三つを周る予定です。

まずは大岩の三叉杉へ。県道から1.1㎞という案内板。軽トラが入れる道ですが、ちょっと不安です。こんな時はMTBが安心です。

樹齢700年、根元周り13,4m、目通り7,7m、樹高55mだそうで、昭和34年の伊勢湾台風の時に一本は折れてしまって、現在名前に反して二俣杉でした。でも屋久島の縄文杉を想い出させてくれる予想外の迫力でした。

三叉杉の奥に神社があって、またその奥に滝がありました。ほんと霧降の滝という名前がぴったりでした。

オーバーハングした滝の下に霧のように落ちてくる水がキラキラと輝いて綺麗でした。こんな水量のない滝はなかなか見られないでしょう。

続いて吾嬬山へ。ササっと登ってくる予定でいましたが、なかなか手強い山でした。登山口がどこかさっぱりわからずあっちへ行ったりこっちへ行ったり。何人かの方に聞きながらようやくたどり着いた初めての案内板です。ここまで2時間以上かかりました。

途中も標識はこんな感じでしたが、誰が付けてくれたのかまだ新しいピンクテープのおかげで安心して進めました。

すると9合目くらいに吾嬬神社の奥宮がありました。ここからは正面に間違いなく山頂が見えてきました。

この時期だから明るくて見通しもいいけれど、夏の葉っぱのある頃は薄暗い森の中をずっと歩いてくる感じでしょうね。

山頂手前で東吾妻町からの登山道と合流。でも踏み跡がはっきりしていないので、あまり登山者は多くないようです。

ようやく山頂とうちゃこ!午後1時45分。中之条の町を眼下に東側に大きく景色が開けて気持ちいいです。日光連山や上州武尊山、尾瀬至仏山などの山並みも見えました。

反対側の樹林越しには、満水の八ッ場ダムも。それから芳ヶ平湿地群の山々も。

結局3つ目の石尊山は断念です。中之条の里山は近すぎて今まで縁遠い山でしたが、初冬のこの時期は快適なので、積極的にこれから歩いてみたいです。

あらら、夕方になったら、芳ヶ平湿地群の山々の雪はほとんど融けてしまったようです・・・

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, マウンテンバイク, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す